Okudaira base 自分 を 楽しむ 衣食住。 『OKUDAIRA BASE 自分を楽しむ衣食住』奥平眞司著

OKUDAIRA BASEが教えてくれること

そういうときに手に取って読める本が、こちらの本だと思います。 台風の多い環境で育った、高知・四万十(しまんと)産の天然ヒノキが素材だから水切れがバツグン。 自分から浮かんだこの言葉で、私は家事の時間はなるべく短くしなければいけないと思っていることに気がついた。

14
・前夜の残りのご飯をレンジで温める。

OKUDAIRA BASE 自分を楽しむ衣食住〜新しい生き方について考えるきっかけをくれた本

その人のストーリーがあって 人はそれに共感して その人のコンテンツや その人自身を好きになる。

14
8万円のアパートで一人暮らし中。

奥平眞司「愛着ある調理アイテム」

彼の趣味は「暮らし」というだけあり、日常の暮らしそのものを楽しんでいる。

14
この計量部分は両端に大小あり、大が大さじ約2杯、小が大さじ1の量です。 暮らし系YouTuber「OKUDAIRA BASE」が初の書籍を出版! 人でも、ものでもなんでもそう。

暮らし系YouTuberのOKUDAIRA BASEが書籍を初出版「月15万円で生活」

今回は、奥平さんと相談し、本の写真を撮っていただいたカメラマンに撮影と編集をお願いすることになりました。 お金より時間を大切に 〜 東京の吉祥寺で月15万円で生きていく 奥平さんのいまの収入源は大きく2つだという。

7
奥平さんの生き方はHSPに向いている 書籍のタイトルに 「自分を楽しむ衣食住」と書かれている。

”暮らし系Youtuber”奥平眞司さんの著書「OKUDAIRA BASE 自分を楽しむ衣食住」を読みました

愛知県出身。 普通に考えて、朝食を作るのに毎日1時か掛けている人は稀だろう。 奥平さんの生活は、自分が必要とするものを把握し、その分だけを手にする生活である。

13
もちろん日本もだ。

大人気「暮らし系」YouTuberがみつけた“自分軸”で生きるためのコツ|ニフティニュース

曲げわっぱには天然木の力による優れた保温・吸湿機能があるからで、一人暮らしの保温ジャーとしてもちょうどよいサイズです。 「未来にはいいことも悪いことも起こるに決まっているので、今から考えてもあまり意味がないと思うからです」という部分には、著者のとてもよい部分が出ていると思います。 でも、口には出さなかったけれど、実家に住み続けることに抵抗を感じていることは明らかでした。

ホントすごいとしか言いようがないのですが、私も見習いたいところを紹介させていただきます。

暮らし系動画「OKUDAIRA BASE」の奥平眞司 初の著書が5月に発売

仕事場は自宅の一角だ。 110ページより というわけで、今回の「神フレーズ」はこれ。

1
~奥平さんからのメッセージ~ 暮らしとは、料理や掃除、洗濯や整理整頓など、「やらないといけないこと」です。