ウイグル 日本 企業。 【NIKE CM関連】ウイグルの奴隷労働にかかわる日本企業 任天堂 SONY SHARP 東芝 ユニクロなど12社が指摘

ユニクロは○でパナは×、ウイグル問題で疑惑の日本企業12社の対応巧拙(2020年10月9日)|BIGLOBEニュース

専門家の推測では、150万人以上の少数民族が収容所に抑留されている。 現在、中華人民共和国では、省レベルで5つの民族自治区が、そして州以下のレベルにも民族自治州(30州)、民族自治県(120県)、民族自治郷(1173郷)が設けられ、少数民族の自治権が認められている。 クラスメートとの中国語を使用する会話の中では、自らが宗教を信仰していないことを明確にしなければならない。

最近、オーストラリアのシンクタンクは、日本企業を含む数十社の強制労働加担の疑いを指摘した。

ウイグル人強制労働、日本企業に影響

中華民国期に「五族共和論」(満州族、漢族、モンゴル族、イスラム系民族、チベット族の五族団結による国家統一)が提起され、それが次第に漢族への同化主義的色彩を帯びて、1920年代の終わりには、少数民族は「中華民族」の氏族に過ぎないとされてきた。

15
以下略. それをやったら一発アウト!会社を潰す人権違反 コロナショックを経て、人々が企業を見る目や意識、姿勢が大きく変化し、これまでよりもさらに誠実であることを求めている。

ウイグル人権法案、じつは「日本企業」が他人事とはいえない可能性(大原 浩)

動画によれば、収容者は、台湾電子機器の下請け工場の受注で、ひたすらゴムマットにダイオードをこすりつける作業を繰り返している。 。 そのうち11社は日本企業で、日立製作所、ジャパンディスプレイ、三菱電機、ミツミ電機、任天堂、パナソニック、ソニー、TDK、東芝、ユニクロ、シャープをリストに載せた。

11
つまり、前出のゼンツ氏は、ウイグル族をターゲットに「断種ジェノサイド」が行われようとしていると、危惧しているのだ。

【NIKE CM関連】ウイグルの奴隷労働にかかわる日本企業 任天堂 SONY SHARP 東芝 ユニクロなど12社が指摘

以前にも、西側諸国の企業とウイグル人強制労働との関連性を指摘した報道はあった。

工場に派遣されたウイグル人は外に出ることはできず、給料なしで働かされます。 さらに、最近問題になっているのは、拘留施設からアパレル産業や電子機器などの工場に移り、強制的に労働させられているウイグル族の存在だ。

日本企業11社 中国強制労働に関与か 米政権は供給網の中国排除を加速

12月3日、下院は、中国政府が新疆ウイグル自治区でイスラム教徒を弾圧しているとして、強硬な対応を求めるウイグル人権法案を407対1の圧倒的賛成多数で可決した。 特定の宗教は弾圧し、言葉や文化も漢民族への同化政策をとっています。

7
また企業が、悪意はなくても勉強不足や想像力の欠如によって人権を侵害し、大炎上するケースも増えている。 教育は中国語で行われ、ウイグル語の追放が進行中です。

ウイグル人の強制労働に、多くの世界的企業が間接加担の可能性 オーストラリア戦略政策研究所の研究より 日本企業も…

パナソニック• 人口1000人当たりの出生数は、2017年に15. 無実のふりをする時間は終わった」とした。 運営責任者: 金丸真弥• 日本の仕事ではないのです。 2019年にも、米国の非営利団体(NPO)中国人権組織・公民力量が、中国の綿花生産量の84%は新疆ウイグル自治区産だが、当局が「職業訓練」と称する集中管理施設にいる人々を、綿花産業に従事させているとした。

6
米税関・国境警備局(CBP)に違反商品保留命令(WRO)の権限が与えられており、今回の措置は強制労働の疑いがある商品の輸入を停止するWROに基づく方針である。 撮影時期は2008年、中国でオリンピックが開催された年だった。

“ウイグル族の強制労働”に日本企業も加担!? 堀潤が解説

しかも、少数民族の雇用と管理におけるモデルケースとして高く評価されているのである。 「中国製=安い」 これは誰もがそう思っていることだと思ます。

14
Nikeはを発表し、「新疆ウイグル自治区出身者の雇用に関する潜在的なリスクを特定・評価するために、我々は中国のサプライヤーと共同して調査を続けている」としている。 ウイグル人のなかには、自治区にある収容所から、国内各地の工場へ直接移送された人もいるようだ。

【ウイグル問題】日本企業11社 中国強制労働に関与か

阿古智子 1971年大阪府生まれ。

11
7月23日にはワシントンやニューヨークを拠点とする国際人権擁護組織の 「(Coalition to End Forced Labour in the Uyghur Region)」が合計180の各国の傘下団体を通じて中国の国内で生産活動を実施や下請けしている各国企業に労働を強制されたウイグル人労働者を使わないことを訴えた。