一般 社団 法人 法。 一般社団法人

逐条解説 一般社団・財団法人法

第五十八条第二号において同じ。 4 社員が第三十九条第三項の承諾をした者である場合には、一般社団法人は、正当な理由がなければ、前項の承諾をすることを拒んではならない。

2
(社員による理事の行為の差止め) 第八十八条 社員は、理事が一般社団法人の目的の範囲外の行為その他法令若しくは定款に違反する行為をし、又はこれらの行為をするおそれがある場合において、当該行為によって当該一般社団法人に著しい損害が生ずるおそれがあるときは、当該理事に対し、当該行為をやめることを請求することができる。 (一般財団法人の成立) 第百六十三条 一般財団法人は、その主たる事務所の所在地において設立の登記をすることによって成立する。

一般社団法人における理事会の決議省略(みなし決議・書面決議)

第六条 法第三十八条第一項第三号 及び第四号 に掲げる事項を定めた一般社団法人が行った社員総会参考書類の交付(当該交付に代えて行う電磁的方法による提供を含む。 また,長期間変更の登記がされていない,いわゆる休眠一般財団法人(当該一般財団法人に関する登記が最後にあった日から5年を経過したもの)は,法人制度の濫用・悪用の弊害を防ぐため,一定の手続の下で解散したとみなされその旨の登記がされることとされています。 2 前項に規定する場合において、裁判所は、必要があると認めるときは、利害関係人の申立てにより、一時代表理事の職務を行うべき者を選任することができる。

10
一 会計監査人の選任に関する議案を社員総会に提出すること。 法律に定められた要件を満たすことができれば、法務局への登記のみで設立できるようになっています。

詳しく解説!「一般社団法人」の特徴と設立の流れ

2 前項の場合には、設立時社員は、各一個の議決権を有する。

2
5 前条第四項の規定は、第一項の規定による定款の定めに基づき責任を免除した場合について準用する。

一般社団法人 ノオト

一般社団法人の「社員」とは、社員総会において議案を提出したり、その議決に参加し、議決権を行使する者を言います。 3 評議員及び債権者は、一般財団法人の業務時間内は、いつでも、次に掲げる請求をすることができる。

10
法人格の根本的な違いから、社団・財団に求められる要件は以下の通り異なっています。 池袋オフィス 東京都豊島区西池袋1丁目21番7号 住友不動産池袋西口ビル9階• 以下同じ。

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律

)の議決権の十分の一(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の議決権を有する社員が同項」とあるのは「総評議員の十分の一(これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上の評議員が前項」と、第115条第1項中「第301条第2項第12号」とあるのは「第302条第2項第10号」と、第116条第1項中「第84条第1項第2号」とあるのは「第197条において準用する第84条第1項第2号」と、第117条第1項及び第118条中「役員等」とあるのは「役員等又は評議員」と、第117条第2項第1号ニ中「第128条第3項」とあるのは「第199条において準用する第128条第3項」と読み替えるものとする。 横浜スカイビルオフィス 神奈川県横浜市西区高島2丁目19番12号 スカイビル16階• 4 前項の議事録が電磁的記録をもって作成されている場合における当該電磁的記録に記録された事項については、法務省令で定める署名又は記名押印に代わる措置をとらなければならない。 2 前項の規定による解任は、監事が二人以上ある場合には、監事の全員の同意によって行わなければならない。

9
同族会社の株式などを所有していた場合は株式評価額に対して相続税が課税されますが、一般社団法人に関しては持ち分の定めがないため課税のしようがありません。 6 裁判所は、第二項の管理人に対し、一般社団法人等の財産の状況の報告をし、かつ、その管理の計算をすることを命ずることができる。

法務省:一般社団法人及び一般財団法人制度Q&A

公益認定手続き 公益認定は、非営利型法人と違って 主務官庁の認定が必要です。 業務の適正を確保するための体制の整備に関する事項• (財産の拠出の履行) 第百五十七条 設立者(第百五十二条第二項の場合にあっては、遺言執行者。 二 会計監査人の選任又は解任を社員総会の目的とすること。

6
一 第三十条第一項の社員総会 二 第七十条第一項の社員総会(監事を解任する場合に限る。 (4) 設立時理事及び設立時監事が,設立手続の調査を行う。