S110 シルビア。 S11シルビアについて

S11シルビアについて

北米仕様 1979年公開のアメリカ映画「サン・バーン」で、主役のファラ・フォーセット(当時はファラ・フォーセット=メジャーズだったかな。 1988年10月、昭和63年度の通産省選定グッドデザイン大賞を受賞。

12
他メーカーによる改造車として、がS13型シルビアをベースにクラシックカーのようなボディに換装した初代を発表している。

【アーカイブ】日産・3代目シルビア/ガゼール試乗記(週刊Car&レジャー・1979年12月掲載)

装着されるホイールはRSワタナベのマグタイプだ。 日産側の意向により、同様のレーシングカーが存在する。 R」となった。

1
8L車としては合格点だ。 そろそろ、このへんを解決してもらえないだろうか。

【アーカイブ】日産・3代目シルビア/ガゼール試乗記(週刊Car&レジャー・1979年12月掲載)

S10シルビア整備書(S11の整備書にはS10との変更点のみ記載されているので)• 総合2位・A4クラス優勝および総合3位を獲得 1988年(昭和63年) アイボリーコーストラリーに参戦。 キャブレター仕様の1800ccZ18型、インジェクション方式の1800ccZ18E型、同じく2000ccのZ20E型の3種類が用意されました。

9
博物館にあるようなビンテージカーである。

シルビア(日産)の中古車

2代目も北米市場をメインに考えたため、日本では不人気モデルでした。

5
時計も、コンピューターもディスプレイがキレイだ。 (昭和58年)後半には、同年S110型からS12型にフルモデルチェンジした関係で、外装パネルをS12型ハッチバックへ意匠変更した。

【アーカイブ】日産・3代目シルビア/ガゼール試乗記(週刊Car&レジャー・1979年12月掲載)

搭載エンジンはSR20DET型およびSR20DE型の2種。

日本国外への輸出ではこれまでのダットサンから米国仕様を含め、とした。 またシートのホールド性の良さが目立つ。

S11シルビアについて

。 但し、エンジン及びシャーシ類は、大きな変更を受けていない。

しかし、日本的なワインディングロードでスポーツドライビングを楽しむためにはちと困るのだ。