A3 新型。 アウディ新型A3スポーツバックの日本発売日はいつ?サイズやスペックと価格予想も!

【アウディA3】フルモデルチェンジ!新型A3の日本発売はいつ?2020年中の発表は?

NEDCサイクルによる燃費は79. すべて前輪駆動システムと組み合わせ、トランスミッションは6速MTと7速S tronicが選択可能となる。 エレガントなボディの下には、新しいパワートレインと洗練されたサスペンションを搭載し、ダイナミックかつ効率的なドライビングエクスペリエンスを追求している。 市販バージョンのエクステリア 新型アウディA3 顔つきは基本的にこれまでのアウディ顔を踏襲している。

9
3ドアモデルを廃止• オプションのアウディ バーチャルコックピットは先代と同じ12. 現行型アウディA3セダン 現行A3セダンのインテリア 次が新型A3セダンだ。 パワーユニット• ボンネットは筋肉質な造形となっている。

新型アウディ A3 スポーツバック登場! 4世代目に進化した元祖プレミアムコンパクト

なお、スタイリッシュなコントラスト・ステッチが施されたシート地は、今回初めてペットボトルのリサイクル素材から製作されています。 ひと目でアウディ A3だとわかるアピアランスの構成にひと役買っている。 S3のプロトタイプなのだろうか。

7
Audi connectサービスには、「Car-to-X」サービスも含まれている。 8kgmを発生する直列4気筒2Lターボエンジンが搭載され、7速デュアルクラッチトランスミッション、「クワトロ」4WDシステムと組み合わせ。

【アウディA3】フルモデルチェンジ!新型A3の日本発売はいつ?2020年中の発表は?

【ボディサイズ】新旧比較 新型(欧州仕様) 旧型 全長 4,340mm 4,325mm 全幅 1,820mm 1,785mm 全高 1,430mm 1,450mm 2,635mm 2,635mm トレッド(前) 1,554mm 1,525〜1,530mm トレッド(後) 1,525mm 1,495〜1,500mm 車両重量 未公開 1,320〜1,520kg 乗車定員 5人 5人 ボディサイズは全長・全幅ともに約30mm拡大され、全幅は1,820mmに達しています。 3代目 2020年10月? 前回のモデルチェンジの周期をみると約9年ですね。 まとめ 「A3」が登場した時にはVWゴルフの高級バージョンといった印象でしたが、スポーツバックが登場してからは差別化に成功し、すっかりアウディの人気モデルとなりました。

5 TFSI」のベース価格は28,900ユーロ 2020年3月3日、アウディAGは新型Audi A3 Sportbackを発表しました。

アウディ 新型A3 スポーツバック 2021 写真・動画情報

前モデルの3代目は2012年に発表され、ホイールベースを60mm延長することで室内空間を大型化。 3ドアモデルを廃止• 8代目VWゴルフとプラットフォーム(MQB)を共有する新型A3。 シングルフレームグリルの奥に設置された2つのルーバーモジュールを備えた電子制御式エアインテークも、Cd値の改善に貢献する最新デバイスであるとアナウンスされている。

17
センサーはボディの垂直加速度と、個々のホイールの関連性を測定。

アウディ 新型A3 スポーツバック 2021 写真・動画情報

その根拠は、2020年中にフルモデルチェンジとマイナーチェンジの新型車の発表が重なっていることが挙げられます。 フロントブレーキキャリパーの巨大さが目を引く。

ダッシュパネルに収められたインフォテインメントシステムは10. 予想CG AutoBildの予想CG AutoBildの予想CG AutoExpressによる予想CG AutoExpressによる予想CG 最新のスパイショットに基づいて作成された予想CGです。 その理由は販売不振のためです。

アウディ A3スポーツバック 新型、5月に欧州で納車開始…価格は2万8900ユーロから

最初に導入される「35 TFSI」グレードのドイツ本国でのベース価格は、2万9800ユーロ(約355万円)と公表されている。 5リットル直噴ターボエンジンを搭載する35 TFSIは、2種類のバージョンが選択できる。 ボディサイズは、全長が4500mm、全幅が1820mm、全高が1430mm。

13
1インチのタッチ式ディスプレイを中心にデザインされたインストゥルメントパネル。