辺野古 移設 問題。 【賛否両論】普天間基地の辺野古移設

普天間・辺野古問題って結局なに?【小学生でも分かる】

一つは、沖縄防衛局が行政不服審査法に基づく承認取り消しに対する審査請求と、その結論が出るまでの間、処分の効果を止めるための執行停止申し立てを行いました。

1
しかし、1件は既に福岡高裁那覇支部で却下されるなど、法廷闘争が工事阻止につながるかは不透明だ。 偏見と悪意の、一方的な罵りにしか見えません。

イチからわかる普天間基地の問題、こじれた経緯を10のポイントで整理(沖縄県知事選)

撤回の理由について謝花副知事は、埋め立ての承認後に新たに軟弱な地盤が見つかったことや、沖縄防衛局が策定したサンゴやジュゴンなどの環境保全対策に問題があることなどを挙げました。 懸念されるのは、国と県の対話のパイプが細っていることだ。 県外移設という「どんでん返し」を、アメリカは許しませんでした。

15
いまさら白紙に戻して、改めて移設先を探すのは現実的ではない と指摘。 国の政策といえども、国と地方は対等であるという大前提の上では、国は地方の同意がない施策を強引に進めることはできません。

普天間基地問題?辺野古問題?最新の沖縄問題をわかりやすくまとめてみた!

・移設問題を時系列で分かりやすく解説 1945年 が沖縄に建設される 、の最中、カ軍は攻撃の拠点とするため、沖縄の宜野湾村の一部に基地・飛行場を建設しました。 その後も、2014年の沖縄知事選や沖縄名護市長選挙、衆院選や2018年の沖縄知事選では辺野古移設の反対派が次々と当選するも、2018年におこなわれた名護市長選では、移設容認派が当選しています。

12
途中、裁判所の和解勧告を受け入れて双方が協議を行う局面もありましたが、その後も法的に争う状況が続きました。

辺野古移設(普天間基地移設問題)のメリット・デメリット

ただ、恐ろしいことに、これも1シーンを切り取った偏向報道だったことが明らかになっています。

17
土砂投入の即時中止等を求める知事名文書及び埋立土砂の性状の重大な疑義に関する土木建築部長名文書の発出について 平成30年12月21日、沖縄県は、沖縄防衛局に対し、上記の文書2件を発出しました。

なぜ沖縄県は辺野古に反対なの?

沖縄防衛局は新基地建設のためサンゴ約7万4千群体を移植するとし、一部を移植したが、県はすべての移植を終える前に護岸の整備や埋め立てに着手したことを問題視している。 毎日新聞 反対 毎日新聞は2018年10月1日の社説『沖縄知事に玉城デニー氏 再び「辺野古ノー」の重さ』の中で、安倍政権が「県外から国会議員や地方議員、秘書団まで動員する政権丸抱えの選挙戦を展開した」と前置きした上で、 それでも玉城氏が勝利したことで、政権が従来の姿勢を見直さざるを得なくなったのは明らかだ と訴えています。

10
最高裁は、適法とした高裁判決を支持し、県の上告を棄却した。

辺野古移設(普天間基地移設問題)のメリット・デメリット

現在は内地に住んでます。 代執行手続きは、「代わりにやる」ということ。 排水や排油などの環境汚染 排水や排油により、辺野古の海が汚染されるという意見があります。

10
基地を作る為に埋め立てること、そしてその基地が稼動することで、海の中に生息するサンゴなどの生態に悪影響を与えてしまうのは必至です。 地図で見ると、こんな感じ! 普天間飛行場は、アメリカ軍の海兵隊という部隊の基地で、それを同じ海兵隊の基地(キャンプ・シュワブ)がある、 名護市の辺野古に移転しよう、という話です。

辺野古移設問題をわかりやすく解説|世界一危険といわれる普天間飛行場から移設する理由とは?

聴聞等変更申出に係る回答文の発出について 平成30年8月6日、沖縄防衛局から提出された聴聞等変更申出書に対する回答文を発出しました。 これに対し、安倍晋三首相は25日、「投票の結果を真摯(しんし)に受け止め、これからも基地負担軽減に向けて全力で取り組んで参ります」と述べた、とは報じた。 その上で、 知事の立場は、野党議員とは異なる。

1951年にはサンフランシスコ平和条約が結ばれ、日本にいた連合国軍は日本から撤退します。

普天間・辺野古問題って結局なに?【小学生でも分かる】

国と沖縄が喧嘩して、溝が深まると誰が喜ぶでしょうか? そうです、 中国です。 ただ、反対派と賛成派の国民が直接揉めているのではなく、国民の代表者で、行政機関である「国(政府)」と「沖縄県(知事)」と「名護市(市長)」で揉めています。

20
沖縄防衛局の反論書に対する県の意見書の提出について 平成31日3月4日、沖縄県は国土交通省の審理員あて、沖縄防衛局が国土交通大臣に行った審査請求において同局が提出した反論書に対して、「固有の資格」に係る意見書を提出しました。 そこまで工事が進めば、沖縄に "あきらめ"の空気が広がるでしょう。