感染 拡大 協力 金。 大阪市:令和2年11月及び12月感染拡大防止に向けた営業時間短縮協力金(大阪市・府共同)について (…>産業支援・創出支援・特区制度など>各種支援のお知らせ)

「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11/28~12/17実施分)」について|東京都産業労働局

ガイドラインを遵守のうえ「感染防止徹底宣言ステッカー」を要請期間中に申請した対象店舗において顧客が見やすい場所に提示していること。

11
可能な限り鮮明に写るようにしてください。

営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(第1123報)|東京都

【申請書ダウンロードはこちら】• 2.給付金・協力金・助成金などを受け取ったときの仕訳方法 給付金・協力金・助成金などの、国や地方自治体から支給される返済義務がないお金は、本業の売上以外の収入なので 「雑収入」勘定で仕訳します。 迷惑メール設定をされている方は、利用者登録の前に、「 city. いばらきアマビエちゃん事業者登録協力金について いばらきアマビエちゃん事業者登録協力金 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と社会経済活動の維持を両立するため,感染防止対策に取り組み,「いばらきアマビエちゃん」に登録いただいた方に対して,「いばらきアマビエちゃん事業者登録協力金」(以下「協力金」という。

4
お手数ですが、交付については指定振込口座への振込みをご確認ください。 【通帳等の写し】 1 銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・名義人・県協力金の振込が確認できるように、 通帳を開いた1・2ページ目を添付してください。

石川県/石川県感染拡大防止対策支援金について

発熱者等の店舗等への入場制限(検温の実施による出勤・入場規制等)• 特別区内の酒類の提供を行う飲食店 夜間時間帯(夜22時から翌朝5時までの間)に営業し、顧客に酒類の提供を行っていた方で、次のいずれかに該当することが必要です。 その他大企業が実質的に経営を支配 (例:(1)大企業及びその子会社等が過半数の議決権を保持する場合、 (2)大企業及びその子会社等が議決権について指示できる場合)する力を有していると考えられること。

12
中小企業の事業活動の機会の確保のための大企業者の事業活動の調整に関する法律第2条第2項に規定する大企業者及びこれに類する法人 宣誓・同意事項 申請者は,次に掲げる全ての事項について宣誓又は同意をするものとし,当該宣誓又は同意をしない者には,協力金を支給しない。 申請内容に不備があった場合 申請内容に不備があった場合は、区から電話をさせていただくか郵送によりご案内をさせていただきます。

【緊急対策】区独自に協力金を支給します(9月実施分)営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金について|葛飾区公式サイト

申請には、これまでの東京都の感染拡大防止協力金に提出した書類と同じ添付書類が必要ですか? これまでの東京都の感染拡大防止協力金で支給決定された店舗と本協力金で申請する店舗が同じであり、支給決定通知をお持ちの場合は、提出書類を簡素化できます。 ア 協力金申請書兼状況確認書 イ 誓約書 ウ 営業活動をおこなっていることがわかる書類(下記の全ての書類が必要です。 審査のうえ交付となる場合、以下の名義で支払いを行いました。

13
給付金の受給は、資産の譲渡の対価ではないからです。

協力金:香川県感染拡大防止協力金

大企業が複数で発行済株式総数又は出資総額の3 分の2 以上を所有又は出資していること。

接触感染の防止(店舗等の消毒、手洗い等の励行等、ソーシャルディスタンスの確保)• 【事業活動を行う事業所が市内にあることが確認できない 施設の所有や賃借等をしていないフリーランスや個人事業主の方のみ 】 事業活動を行う事業所が市内にある場合のみ、 市協力金の対象となります。

大阪府 コロナ感染者受け入れ病院に協力金 新規患者1人につき20万円/芸能/デイリースポーツ online

<静岡県新型コロナウイルス感染拡大防止協力金 相談センター> 2 申請書類 以下の書類を提出してください。

16
(6月以降を予定) 3 一方、申請書類の審査の結果、協力金を支給しない決定をしたときは、後日、不支給に関する通知を送付いたします。

「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11/28~12/17実施分)」について|東京都産業労働局

直近の確定申告書が1年以上前のものとなってしまう場合は、その確定申告書〔控え〕と、併せて直近の月末締め帳簿等営業実態がわかるものを提出してください。 中小企業者、小規模企業者、個人事業主または会社以外の法人であること 中小企業者 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項各号のいずれかに該当する者 小規模企業者 中小企業基本法第2条第5項に規定する小規模企業者 個人事業主 所得税法(昭和40年法律第33号)第229条の規定による開業等の届出を行った者に限る。

協力金支給の対象は、次の1~5いずれにも該当する事業者とします。