三谷 龍二。 三谷龍二 山桜のバターケース

伊藤まさこの別居、離婚、再婚まで!三谷龍二とは今

日常的に使うものとして優れていながら、ただのモノではない「何か」があるのだ。 また、先日、たまたま、東京へ行ったおり、銀座の「日々」(エポカザショップ銀座)を覗き、三谷さんの器の有無を訊ねたところ(セールス期間中で、三谷作品は、店内には展示されていなかったです)、奥から、数点取り出してこられ、欲しかった皿を買うことができました。 この「調和する」「使いやすい」って、何でもないことのように思えるかもしれませんが、実は、日常生活の中で毎日使うモノ、いや、いつのまにか今日も手にとって毎日使いたいモノ、としてとてもすごいことだと思うのです。

14
生活道具においても、工芸作品と量産品の中間のようなもの。 スプーンは迷って迷って、、、家族分欲しいけど揃えると結構な金額だしと思い、時計だけ買いました。

[mixi]作品を見る(買う)には、どうしら

年月とともにどんどん魅力を増すものといっしょにくらしていくのは、愉しい。 。 三谷龍二さんは木工デザイナーである。

もしもその言葉によって、誰かが工芸という新たな扉を開くことができたら、それは素晴らしいことではないでしょうか〉(三谷龍二「はじめに」より) 松屋銀座デザインギャラリー開催の「工芸批評」展(2019年10月9日-11月6日。 隣の窓から雑木林が見えます。

三谷龍二 山桜のバターケース

・・・恋多き女性ですな~。 生年月日:1970年2月9日 肉の日• ネットか通販でしかウィンドウショッピングのできない環境の地方の方は、 どうやって作品を買ってらっしゃいますか? ご経験のあるかた、教えて下さい。

2010年 小川美術館で絵画展。 以下当店にて開催 2010. 「10cm(10センチ)」松本市 松本市内の中心部。

Vol.1 三谷龍二さん

松本城からも、ほどほどの距離にあります。

北陸の冬の空のような、少し湿気を帯びた空気。

三谷龍二さん作の白漆の木工作品。ミナペルホネン新店「エラヴァⅡ」にて。

リアリティとはそういうものではないでしょうか。 そして早速hakuboku cupでティータイム…。 1952年福井生まれ。

ここにも2つの窓があり、自然がいつもそこにあって、その移ろいを見ながら制作されているのを想像します。 追記:あれ、もう2017年は胡春ちゃんも大学生か! そこには明らかに、「自分の部屋や自分の仕事を持ち、自分の好きなものを選び取る」という、新しい時代を生きる女性たちに対する生活の提案があったと言える〉(井出幸亮) 〈しかし、一見恒久性を獲得したかの感を呈する人工物もまた、有限であることに変わりはありません。

工芸批評

素材や仕上げを吟味し、過不足ない丁寧な仕事がしてあり、かたちが美しい日用品、というものだが、これがなかなか見つからない。 33 inset; box-shadow: 0 0 2px rgba 0,0,0,0. このバターケースも赤みのつよいなめらかな木肌が美しく、とても気に入って使っています。 そのほかにも、様々な作家さんの作品がいくつも。

3
こぢんまりとした店内にはオーナーの三谷龍二さんの作品である木の器や木のカトラリー(スプーンやフォーク)、カッティングボードなどがありました。 でも、それだけにはとどまらない。

伊藤まさこの別居、離婚、再婚まで!三谷龍二とは今

本名:伊藤正子• 時には時間がなくて、お金がなくて、カップラーメンだけだったり、ヨーグルトだけだったり、そんなこともあると思います。 強さを志向した二〇世紀は、人間らしさからの乖離はもとより、リアリティそのものからも遊離してきてしまったのではないでしょうか〉(鞍田崇) 〈北大路魯山人は「食器は料理のきもの」であるといいましたが、彼女たちは、自らが身につける衣服を選ぶような審美眼と厳しさで食器を選んでいた。

これからなにが始まるのか判らない、と言うのも愉しいことですからね。 そして、調和することは、器だけでなく、オブジェ、絵、モノ、同じ空間の中で心地よく存在することが、三谷さんの作品の強さなのではないかと今回工房にお邪魔して思いました。