しろがね 特別 支援 学校。 「指示」と認識 9人が改変 しろがね特別支援学校の調査結果公表|社会・話題|上毛新聞ニュース

勤務時間短く改変 しろがね特別支援学校、教員 群馬県教委調査

1 変更等の概要 <平成27年4月1日から実施>• 自身が記録改変を促したり指示したかの質問には回答しなかった。

改変はあってはならない。

群馬県立しろがね特別支援学校/群馬県前橋市東大室町【LITALICO発達ナビ】

県教委の同校への聞き取り調査結果によると、今年4~7月、管理職が時間外勤務の多い教員11人に「見直すように」と指導。

7
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。

群馬)特別支援学校で教職員が勤務表改変 上司指示受け:朝日新聞デジタル

教育の充実と働き方改革の両立は学校現場の難題でもある。 また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 同校での調査は現在も続けており、まとまり次第詳細な報告をするとした。

12
県教育委員会は、同校で「勤務表の改変があった」とする報道を受け、8月31日から調査を開始。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。

勤務時間短く改変 しろがね特別支援学校、教員 群馬県教委調査

いずれも時間外労働が実態より過少になった。

17
山本一太知事が3日の定例記者会見で明らかにした。 高等部のある2分校 前橋高等養護学校伊勢崎分校、渡良瀬養護学校しろがね分校 の単独校化• 市町村教委にも今後通知する。

特別支援学校(国立・公立)

施設カテゴリ 施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。

14
県立学校教員の時間外労働の上限の目安を月45時間としたガイドラインの運用が4月に始まったことも、改変のきっかけの一つとした。

勤務時間短く改変 しろがね特別支援学校、教員 群馬県教委調査

改変によって記録上、4~7月に計155時間分の時間外労働を消した人や、1カ月間に約80時間分を消した人がいた。

4

「指示」と認識 9人が改変 しろがね特別支援学校の調査結果公表|社会・話題|上毛新聞ニュース

再発防止へ、2日には県立学校長に過去の記録が適正か確かめ、今後も適切に付けるよう指示。 一方、出退勤時刻の一部が本人の了承なく過少に改変された疑いについて、県教委は、校長と教頭がパソコン上のトラブルを調べる目的で教員3人の記録を書き換えたと説明。

4
管理職を含む全教員64人に、県教委職員が延べ97回の聞き取りをした。 業務とみなされない時間を省く「除外時間」を増やしたり出退勤時間を操作し、削減幅は多い教員で1カ月平均60時間だった。

群馬県

県教委は今後、校長らへの処分の有無を検討する。

13
小中学部 知的障害 の4分校 みやま養護学校藤岡分校、みやま養護学校富岡分校、榛名養護学校沼田分校、榛名養護学校吾妻分校 を単独校化し、地域名 所在地名 に変更• パソコンを使った記録方法は改善を図る。 重複も含め7人が自動入力される出退勤時刻を書き換えた。