ゲッコー モリア カイドウ。 モリアは過去(若い頃)カイドウに挑んでいた?戦闘では弱いが部下は有能?

【ワンピース】四皇カイドウとゲッコー・モリアの強さはどっちが上?

それでも今後のワンピースの展開を考えると両者が近付く予兆はビンビン丸なので、ゲッコー・モリアとカイドウの因縁がいずれ説明される可能性は高そう。 話をまとめると シャドーズ・アスガルドを使用した状態のモリアは、一人でもカイドウを凌ぐか、それ以上の強さなのではないか?ということになります。 もしカイドウの正体が古代巨人族の子孫だとすると、そのカイドウに対峙したゲッコーモリアが古代巨人族を欲しがるのも納得がいくと思います。

7
そこに駆け付けてきたのがゲッコー・モリアの親分。

【ワンピース】頂上戦争でやられる寸前に姿を消したゲッコーモリア!!アブロサムと共にカイドウを倒すべく計画中!?

だが、止めを刺される寸前で突如消滅(おそらくによる救出)、消息を絶った。

6
ちなみにローラ等の将軍ゾンビ級の実力者でもわずか2、3体が限界とのことで、やはり誰でも気軽にパワーアップできるわけではないようだ。 おそらくゲッコー・モリアの名前の由来はコナン・ドイルの小説に出てくる「モリアーティ教授」。

ゲッコー・モリア (げっこーもりあ)とは【ピクシブ百科事典】

モリアがカイドウに負けたのは部下の実力のせい? 筆者は、モリアがカイドウに敗戦した大きな要因は、当時のモリア自身の戦闘力でなく、モリアの部下が弱かったせいだと考察しています。 しかしその場にくまがいたか定かではありません。 まとめ 今回は元王下七武海、ゲッコー・モリアについてまとめてみました。

ワンピースの世界は「四皇」「王下七武海」「海軍本部」の3つの勢力で均衡が保たれていると言われています。

ゲッコー・モリア (げっこーもりあ)とは【ピクシブ百科事典】

また、互角に渡り合った逸話についてはモリアの能力を考えるとあり得なくもない話です。

6
さらに黒ひげはモリアを仲間に誘うが、アブサロムが能力者狩りに遭って殺害された事を知ったモリアは「許さん」と激しい怒りを露わにした。 「 キシシシ! 仲間思いのモリアさんなら蹴りそうだが果たして…? モリアさんの半生 50年前 「西の海」で生まれる ?年前 けっこう裕福っぽい幼少期を過ごす 24年前 海賊王ロジャーの処刑を見学して海賊王を目指す 23年前 野心に満ちた黄金ルーキーとして懸賞金3憶2千万ベリー ワノ国でカイドウと渡り合うも全てを失い壊滅 仲間は生きてるから失うとゾンビ軍団に傾倒 どさくさでリューマの遺体と秋水盗む ?年前 「西の海」で再スタート スリラーバークを建造はじめる ?年前 ペローナたんを拾って育てる アブサロムを仲間に加える? 12年前 ホグバックを勧誘し仲間にする (スリラーバーク完成済) 「魔の三角地帯」へ潜んで大量のゾンビ軍団をつくる 七武海加入? 2年前 ルフィに敗れてしまう こんな感じの半生かなと。

【ワンピース】頂上戦争でやられる寸前に姿を消したゲッコーモリア!!アブロサムと共にカイドウを倒すべく計画中!?

結果的には他力本願になり怠けてしまったため、能力だけが強力に見えるように錯覚してしまっているだけなのだろう。 今後の展開に期待しましょう! ワンピース954話でビッグマムとカイドウが同盟を組むことがわかりました! 今後、正解はどうなっていくのでしょうか。 アニメにおいても別格に不安定な作画で知られ、回ごとに全く顔や体型が違う。

15
頭領としての器はでかいようで、ペローナなどの部下からかなり慕われています。

ゲッコー・モリア (げっこーもりあ)とは【ピクシブ百科事典】

ただ基本的には部下やゾンビに任せきりで、戦闘すら寝ころびながら行う。

当然、攻撃力は半端なく向上。

カイドウと渡り合った!? カゲカゲの実覚醒!? 消えたモリア

一方、疑似的とはいえ死者の復活を実現するこの能力をホグバックは「奇跡の能力」と評する。 モリアの影自体が 相手を攻撃することもでき 自分と影の位置を交換したり、 影を取り込んで パワーアップすることも可能です。

18
カゲカゲの実をモリア以外が使っている場面はまだありませんので、今の所は生存説もあるかと思われます。 。

【ワンピース】ゲッコー・モリアの悪魔の実&モデルになった人物についてまとめてみた!|まんが人気考究

彼はグランドラインのフロエイアントライアングルの島を改造したスリラーバークを拠点に海賊活動を行っていました。 実際、ジンベエはスラム街でドフラミンゴも地獄の幼少期でした。

9
しかし、新世界で共に航海を続けていた仲間を全て失うという悪夢に見舞われると、生きた人間ではなく死なないゾンビに執着し、ゾンビを自らの悪魔の実の能力で作り出すとそれらを部下とする事で仲間を失う絶望を二度と味わう事のないようにしたという過去を持ちます。