茨城 県 猿島 郡。 猿島町

新郷村 (茨城県)

車検満了日から早期にご予約いただくと、車検費用が割引になるサービスがあります。 (昭和7年) - 伊賀袋、立崎の一部が分離し、に編入。

4
(3町12村)• と境を接する。 結城市の一部(北南茂呂・東茂呂・七五三場の各一部)は三和町に編入。

猿島郡

明治4年• もちろん事前のお見積もりも可能です。 地理 [ ] 現在のの南西部、旧古河市の南部に位置する。 - 新郷村が古河市に編入。

19
鴻巣(こうのす)• 診断書に基づいて適切なメンテナンスのアドバイスを受けられます。 境町に「猿島西葛飾郡役所」が設置され、とともに管轄。

猿島郡(茨城県)の車検予約(整備保証)

(平成17年) - と新設合併し、 となる。 - 猿島町が岩井市と合併し、 が発足、郡より離脱。

3
郡役所は存続。

猿島町

当面の間、旧峰岡県のを管轄。 隣接している自治体 [ ]• 特産の茶は、冬季の作物を季節風から守り、土壌浸食を防ぐために畑の境界に植えられたことが始まりで、19世紀中ごろの年間に辺田村(現・坂東市辺田)の庄屋であった中山元成が、地元農民に製茶を奨励したことから茶の栽培が地場産業となり、発展してとよばれるようになった。

17
(昭和43年) - 総和村が町制施行し、 となる。

新郷村 (茨城県)

大山(おおやま) 人口・世帯 [ ] 人口 [ ] 総数 [単位: 人] (明治24年) 3,706 (大正 9年) 3,855 (昭和10年) 4,185 (昭和25年) 5,860. お客様のご自宅まで車両をお引き取りにお伺いし、車検完了後にご自宅へ納車をするため、店舗に行く手間が省けます。

16
沿革 [ ]• (2町23村)• (明治33年) - 岩井村が町制施行し、 となる。 行政 [ ] 猿島・西葛飾郡長 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 1 明治11年(1878年)12月2日 明治29年(1896年)3月31日 廃官 猿島郡長 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 1 明治29年(1896年)4月1日 浅沼直治 大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官 脚注 [ ] []. 近代以降の沿革 [ ]• 4年() - ・が の管轄となる。

猿島郡(茨城県)の車検予約(整備保証)

以下は、各店舗ページでご確認ください。 (昭和31年) - 沓掛町・富里村が合併し、 富里町が発足、即日改称して 猿島町となる。 (平成17年) - 古河市が猿島郡、と合併し、新たに が発足。

19
- 上記1町17村がを施行。

猿島郡

鳥喰(とりはみ)• (4町1村)• (昭和44年) 三和村は町制施行・改称し 三和町(さんわまち)となる。 (平成4年) - が全線開通。

(昭和31年)4月1日 - 沓掛町・富里村が合併し、 富里町が発足。 (明治8年) - 千葉県管下の下総国のうち利根川以北の区域が に移管。

猿島郡

2005年(平成17年)、いわゆる「」により、隣接する岩井市との新設合併により坂東市となり、独立した町政はなくなった。 (昭和29年) - 沓掛村が町制施行し、 となる。 三和町は消滅。

- 幸島村・八俣村がと合併し、 が発足。

新郷村 (茨城県)

郡域 [ ] 1879年(明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記2町から五霞町を除き、下記を加えた区域にあたる。 地理 [ ] 町域は常陸台地を構成する台地のひとつである猿島台地にあり、標高20 m前後の平坦な土地が全体に広がる。

15
現在の郡域は、境町と利根川対岸の五霞町の2町からなる。