地方 自治 法 施行 令 第 167 条 の 2 第 1 項 第 1 号。 随意契約の対象に関する認定基準について(地方自治法施行令第167条の2第1項第3号関係)

京都市:地方自治法施行令第167条の2第1項第3号の規定による随意契約できるものに準ずるものの認定基準等について

(財政状況の公表等)• (選挙管理委員会、委員定数)• (議会の権限)• (選挙管理委員会の委員の守秘義務)• H30. (議会の選挙に関する規定)• (市町村の廃置分合又は境界変更を伴わない特別区の廃置分合等)• (請願の際の請願書提出義務)• (長の地位)• <補足(認定手続について)> 平成23年12月の地方自治法関係法令等の改正により,地方自治法施行令第167条の2第1項第3号の規定により随意契約によることができるものに準ずる者として総務省令で定めるところにより地方公共団体の長の認定を受けた者から物品を買い入れる契約又は役務の提供を受ける契約をするときは,随意契約によることができることとなったことを受け,必要な認定基準を定めるものです。 H30. (予算の執行及び事故繰越し)• 森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令• (支庁、地方事務所等の長)• (是正の勧告)• (政令への委任)• (認可地縁団体の総会における表決権の制限)• (長の兼職禁止)• 第1節 通則• その者を代理人、支配人その他の使用人又は入札代理人として使用する者についても、また同様とする。

16
(普通地方公共団体の不作為に関する国の訴えの提起)• (認可地縁団体の代表の地位)• (議会)• (住民の)• (国の関与に関する審査の申出)• (公の施設の区域外設置及び他の団体の公の施設の利用)• (協議の方式)• (条例の制定等の請求者の署名に関する無効等)• 家畜伝染病予防法施行令の一部を改正する政令• H29. (7)この項(この号を除く。 以下「障害者雇用促進法」という。

地方自治法施行令第167条の2

第8節 の辞職及び資格の決定• (支出の方法)• (外部監査契約の解除)• (長が被選挙権を有しなくなった場合)• H29. 一般競争入札に付することが不利と認められるとき。 第1項第九号の規定により随意契約による場合は、落札金額の制限内でこれを行うものとし、かつ、履行期限を除くほか、最初競争入札に付するときに定めた条件を変更することができない。

15
(是正の要求等の方式)•。 25 施行• 第3款• (退職年金、退職一時金)• )第74条の2第3項第1号に規定する在宅就業障害者のこと。

名古屋市:地方自治法施行令第167条の2第1項第3号等に定める障害者支援施設等に準ずる者の認定について(市政情報)

(による収入の方法等)• (地方公共団体の役割)• (市に関する規定の適用)• (5)正当な理由がなくて契約を履行しなかったとき。 H29. 出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令• 第7節• 01 施行• 01 施行• R02. (の管理及び処分)• (平成三十年政令第二百九十一号)• (市町村の境界が判明でない場合、争論がない場合の対応)• 第4節• (の振出し及び公金振替書の交付)• 租税特別措置法施行令の一部を改正する政令• 16 施行• (委員会等、委員会等の規則等)• 一 売買、貸借、請負その他の契約でその予定価格(貸借の契約にあつては、予定賃貸借料の年額又は総額)が別表第五上欄に掲げる契約の種類に応じ同表下欄に定める額の範囲内において普通地方公共団体の規則で定める額を超えないものをするとき。

1
(、等)• 地方税法施行令等の一部を改正する等の政令• (平成三十年政令第二百八十号)• (長の失職に関する停止)• 以下本項において同じ。

地方自治法施行令第167条の2の第1項第3号に基づく随意契約の公表について/海南市ホームページ

(解散した認可地縁団体の清算人の職務)• (金融機関の指定)• 障害者基本法 (昭和四十五年法律第八十四号)第2条(定義)• (4) 地方自治法第234条の2第1項の規定による監督又は検査の実施に当たり職員の職務の執行を妨げたとき。 (認可地縁団体の所有不動産に関する所有権保存・移転登記)• (議長・副議長の辞職)• (住民の制定・改廃請求権、請求権)• (選挙管理委員会の委員長の選挙、地位、職務代理)• 農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備及び経過措置に関する政令• )若しくはこれらに準ずる者として総務省令で定めるところにより普通地方公共団体の長の認定を受けた者において製作された物品を普通地方公共団体の規則で定める手続により買い入れる契約、障害者支援施設、地域活動支援センター、障害福祉サービス事業を行う施設、小規模作業所、第1項 に規定するシルバー人材センター連合若しくは同条第2項 に規定するシルバー人材センター若しくはこれらに準ずる者として総務省令で定めるところにより普通地方公共団体の長の認定を受けた者から普通地方公共団体の規則で定める手続により役務の提供を受ける契約又は第6項 に規定する母子福祉団体若しくはこれに準ずる者として総務省令で定めるところにより普通地方公共団体の長の認定を受けた者(以下この号において「母子福祉団体等」という。

(連携協約)• 地方公共団体の長が当該認定を行うに当たっては,次の手続きを経る必要があります。 (懲罰が可能な場合)• その性質又は目的により競争に加わるべき者の数が一般競争入札に付する必要がないと認められる程度に少数である契約をするとき。

地方自治法施行令第167条(指名競争入札)

(職員の退職手当の算定の基礎となる勤続期間の計算) 第12章 大都市等に関する特例(第252条の19~第252条の26の7) [ ]• 第1款 普通地方公共団体に対する国又は都道府県の関与等• (解散した認可地縁団体の検査役)• (脱退による機関等の共同設置の変更及び廃止の特例)• 第1款 地位• 7月には改革を目指した大がかかりな改正(施行)が行われ、この改正地方自治法を「新地方自治法」()と呼ぶこともある。 (議員の当該地方公共団体への請負等の制限)• (委員)• 第9節• (平成二十五年政令第百七十三号)• 」に基づき、「地方自治の本旨に基いて、地方公共団体の区分並びに地方公共団体の組織及び運営に関する事項の大綱を定め、併せて国と地方公共団体との間の基本的関係を確立することにより、地方公共団体における民主的にして能率的な行政の確保を図るとともに、地方公共団体の健全な発達を保障することを目的とする」()日本の法律である。

12
地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う厚生労働省関係政令等の整理に関する政令• (選挙管理委員会の会議)• (平成三十年政令第四十九号)• (平成二十九年政令第二百四十一号)• (監査の実施に伴う外部監査人の義務)• 01 施行• 第2節• 4 の場合においては、予定価格又は落札金額を分割して計算することができるときに限り、当該価格又は金額の制限内で数人に分割して契約を締結することができる。

名古屋市:地方自治法施行令第167条の2第1項第3号等に定める障害者支援施設等に準ずる者の認定について(市政情報)

第1款• 第1節• (都道府県の廃置分合、境界変更)• 第2節• (認可地縁団体の代表)• 第6節• (証拠調べ)• (長による議会への説明書提出義務)• (政令への委任)• (長の事務の引継ぎ)• (議員による会議開催請求権、開催の義務)• (普通地方公共団体の財政の運営に関する事項等)• (認可地縁団体の監事の職務)• (協議会の事務の管理及び執行の効力)• (平成三十年政令第二百三十四号)• 認定に係る手数料. (専門委員)• (地域協議会の会長及び副会長)• (議会による条例制定等や予算の議決に対する長による再議)• 第10節 懲罰• 第4款 議会との関係• (懲罰の内容、発議要件、除名の成立要件)• (監査委員の任期)• 民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律施行令• 以下この号において同じ。 (認可地縁団体の仮代表者の選任)• H31. (地方公共団体の事務所)• 法律に特別の定めがない限り、時効の援用は不要で、時効の放棄はできない(第2項)。

7
(条例に関する議決の送付、条例の公布・施行・署名等、規則の施行・署名等) 第4章 選挙(第17条〜第19条) [ ]• 第3節• (第3項)• (副知事、副市町村長の兼職禁止、兼職禁止等に関する長の規定の準用等)• 第1款 連携協約• (国の関与に関する審査の申出の取下げ)• 消滅時効の中断、停止その他の事項につき、適用すべき法律がないときは民法の規定を準用(第3項)。

地方自治法

(監査委員の退職)• (監査の実施に伴う外部監査人と監査委員相互間の配慮)• (選挙管理委員会の採決)• 認定申請書等の提出先 認定要領第2条の認定基準を満たし、認定を希望する者は、(第1号様式)認定申請書に必要な書類を添えて、新規申請受付締切日までに、郵送もしくは持参により下記提出先まで申請を行ってください。

9
H30. H27. (一時借入金)• (平成三十年政令第百八十九号)• (組織)• 01 施行• (技術的な助言及び勧告並びに資料の提出の要求)• (平成二十九年政令第二十四号)• (会議録)• 第3節 個別外部監査契約に基づく監査• 第3編 特別地方公共団体(第281条~第319条) [ ]• (常任委員会)• H29. (平成三十年政令第九十二号)• 次の者に該当される方で「障がい者支援施設に準ずる者」の認定を希望される場合、上記に掲載している「福岡県障がい者支援施設等に準ずる者の認定等に関する要領」に従い、県に対して認定の申請を行ってください。

随意契約の対象に関する認定基準について(地方自治法施行令第167条の2第1項第3号関係)

また、重度障がい者多数雇用事業所及び共同受注窓口として認定を受けた者については、毎年度4月末までに、当該年度の4月1日現在の状況を報告する必要があります。 。 。

2

地方自治法施行令

。 。

。 。