ぼく の こと。 読書感想文「ぼくがぼくであること(山中恒)」

ぼくおかあさんのこと…

あの時、教授に「コンピューター業界」を薦められなかったら、今ごろ私はどこで何をしているのだろう、とときどき思う。 武蔵野(むさしの) 第1章の卍里のじいや。

15
主人公の秀一は、いつも母親から「あんたはダメだ」と怒られてばかりだ。 生まれ。

妖狐×僕SS

しかし4回留年しており、実年齢は19歳である(第21話時点で誕生日を迎えているが、本来は双熾・残夏の2学年下)。 第三回ではたまひよ世代のママ、パパへエールを送っていただきます。 第1章、第2章共通して全女性キャラの中で最も胸が小さい(Bカップ)。

染めた金髪(地毛は茶色〈凜々蝶には狸色と称された〉)で瞳の色は青。

読書感想文「ぼくがぼくであること(山中恒)」

ONLY1の安心感、持てるといいね。

秀一は何をしても疑われて怒られる。

「ぼく」のこと(安田伸行)18|GhostS|note

髪は普段束ねているが、変化の際は降ろしている。 この絵本では、お母さんのことがキライという言葉から始まるので、最初は「どうしてだろう?」と思いながら読みましたが、読み進めると腑に落ちました。

8
終盤では双熾の変わらない本質を理解し、今世の双熾を受け入れ恋愛感情ではなくとも大切に思っていることを伝える。

ぼくのまちのこと~青海・糸魚川・能生

百鬼夜行の首謀者である犬神命とifの自分との関係を知り、命を止めようとしている。 横暴だが渡狸とは親しく交流しており、消える前に手紙を残す。 ただし朝鮮人ではなく、挑戦人として。

8
「『経験』を経験する」というテーマで六回にわたって記述を重ねた最後に、自分に言い聞かせるようにあえてもう一度自問します。

ぼく(詩)

あなたたちは誰も間違っていないから、胸を張って生きて欲しい」と言いました。 他者からの言葉が、ときに私の人生に何らかの影響を与えてくれる。

9
実家が白鬼院家と近く、子供の頃から周囲との衝突が絶えなかった凜々蝶と相手の仲裁をしばしば行っており、自称「(凜々蝶の)兄貴」。 でも小学生同士はそんなこと関係ないから、在日コリアンというわかりやすいターゲットにされてしまった。

ぼくだからできること。

双熾曰く「正義感が強く優しく面倒見のいい暇で出しゃばりな女性」。 そのため、初対面から凜々蝶の内面を言い当てており、妖館の住人達に対しておどけた調子ながら何かと世話を焼いている。

顔の左側に蓮の花をイメージした刺青がある。