水産庁 長官。 長谷成人

長谷成人

その後各課長を経て、2006年の大臣官房文書課長となる。 漁政部長: 倉重泰彦• 長谷 成人(はせ しげと、 - )は。 外局以外の行政機関についても、その長の呼称として「長官」を用いる例がある(例:、、、、長官。

2
外部リンク [編集 ]• 消費者庁は2009年(平成21年)に、消費者の視点から政策全般を監視する組織として設立されました。 日本領有下における遼東半島や満州などを管轄していました。

長官

計画課• 公安調査庁長官 公安調査庁の長である長官です。

7
歴代の主な中小企業庁長官には、蜷川虎三、小笠公韶、大堀弘、佐橋滋、山本重信、岸田文武、岩崎八男、高橋達直、 中田哲雄、新欣樹、堤富男、林康夫、鴇田勝彦、中村利雄、望月晴文などがいます。 歴代の主な観光庁長官には本保芳明、溝畑宏がいます。

水産庁とは

捕鯨情報企画官(規則第539条)• また、寄附者の都合により返礼品がお届けできない場合、返礼品の再送は致しません。 農林水産省法第23条及び第36条から第41条(第4章第4節)を頂点に、政令の農林水産省組織令(第2章第2節)、省令の農林水産省組織規則(第2章第3節)が重層的にその任務、所掌事務及び組織を規定している。

歴代長官 [ ] 水産庁長官 代 氏名 在任期間 前職 退任後の主要な役職 1 1948年7月1日 - 1948年7月28日 衆議院議員 2 1948年7月28日 - 1948年10月8日 3 1948年10月8日 - 1950年3月4日 4 1950年3月4日 - 1950年5月15日 5 1950年5月15日 - 1951年4月5日 6 1951年4月5日 - 1952年1月8日 7 1952年1月8日 - 1953年2月7日 8 1953年2月7日 - 1954年12月16日 総裁、理事長 9 1954年12月16日 - 1955年10月5日 10 塩見友之助 1955年10月5日 - 1956年6月25日 11 1956年6月25日 - 1957年8月31日 水産庁次長 12 1957年8月31日 - 1959年9月1日 水産庁次長 13 1959年9月1日 - 1961年7月21日 14 1961年7月21日 - 1962年9月18日 、、 15 1962年9月18日 - 1964年6月30日 16 1964年7月1日 - 1965年6月2日 17 1965年6月2日 - 1966年7月29日 18 1966年7月29日 - 1968年6月1日 19 1968年6月1日 - 1969年11月1日 20 1969年11月1日 - 1971年6月22日 21 1971年6月22日 - 1972年12月6日 22 1972年12月6日 - 1974年1月12日 23 1974年1月12日 - 1976年11月5日 理事長、会長 24 1976年11月5日 - 1978年1月14日 25 1978年1月14日 - 1979年7月20日 26 1979年7月20日 - 1981年 27 1981年 - 1983年 経済局長 28 1983年 - 1984年 食品流通局長 栃木県知事 29 1984年 - 1986年 経済局長 会長 30 1986年 - 1988年1月12日 構造改善局長 31 1988年1月12日 - 1989年 長官 32 1989年 - 1991年 畜産局長 理事長 33 1991年 - 1992年 長 総裁、農林水産長期金融協会会長 34 1992年 - 1993年 経済局長 35 1993年 - 1995年 土地局長 36 1995年 - 1996年 経済局長 37 1996年 - 1998年 水質保全局長 38 1998年7月3日 - 2001年1月6日 畜産局長 39 2001年1月6日 - 2002年1月8日 構造改善局長 理事長 40 2002年1月8日 - 2003年7月4日 長 理事長、日本協同組合連携機構特別顧問 41 2003年7月4日 - 2005年7月19日 大臣官房長 42 2005年7月19日 - 2006年8月1日 大臣官房長 43 2006年8月1日 - 2007年9月7日 大臣官房長 会長 44 2007年9月7日 - 2009年7月14日 長 参議院議員、総務大臣政務官 45 2009年7月14日 - 2010年7月30日 総合食料局長 副理事長 46 2010年7月30日 - 2012年9月11日 大臣官房長 47 2012年9月12日 - 2015年8月7日 大臣官房長 48 2015年8月7日 - 2017年8月7日 大臣官房長 49 2017年7月10日 - 2019年7月8日 水産庁次長 50 2019年7月8日 - 水産庁次長 幹部職員 [ ] 水産庁の幹部は以下のとおりである。 なお、最高裁判所長官にはは必須ではないが(ただし、法曹資格のないものが最高裁判所長官または最高裁判所判事の職に就いた場合は、第6条により、その離職の際に弁護士となる資格を取得する。

水産庁

アルゼンチン対オランダの決勝戦もスタジアムで見ました。 また、2報告書を収録した『水産白書』は庁外の団体が版元となり、一般の書籍流通ルートを通して市販されている。

3
観光庁は2008年に設立され、観光行政を総括している国土交通省の外局です。

長官

(2018年1月25日閲覧)• 興亜院・厦門連絡部長官 1938年(昭和13年)から1942年(昭和17年)にかけて存在した、興亜院の役職の一つです。

11
研究指導課• 必要情報を記載の上、返送してください。 漁港防災・衛生管理専門官(規則第543条)• 財務省• 環境庁長官 1971年(昭和46年)から2001年の中央省庁再編まで存在した、環境庁の長である長官です。

水産庁とは

歴代の環境庁長官には、山中貞則、三木武夫、石原慎太郎、山崎竜男、森山眞弓、浜四津敏子、大島理森、清水嘉与子、川口順子などがいます。 略歴 [ ]• 漁業復興推進官• そのうえで、代々受け継がれてきた職人技による燻製が生きるのです。

8
変動幅が大きい。

水産庁とは

計画官 4• 経営局経営政策課長、林野庁林政部林政課長、大臣官房予算課長、大臣官房審議官兼経営局、内閣官房内閣審議官、大臣官房総括審議官を経て平成29年7月水産庁次長に就任。 漁業調整課• 農林水産省の職員は非現業のなので、のうち争議権と団体協約締結権はにより認められていない。

6
長官 司法機関での実例 [ ]• 国税庁長官は国税庁長官表彰(国税庁長官賞・国税庁長官感謝状)の授与なども行います。

長谷成人

管理官 3• 漁船国際専門官• 約70年ぶりとなるの改正などの改革を進めた。 増殖推進部長: 黒萩真悟• 社会保険庁は政府の健康保険事業、船員保険事業、厚生年金保険事業、国民年金事業などの各種保険や年金事業の運営を行っていました。

5
農林水産省法第23条及び第36条から第41条(第4章第4節)を頂点に、政令の農林水産省組織令(第2章第2節)、省令の農林水産省組織規則(第2章第3節)が重層的にその任務、所掌事務及び組織を規定している。

長官

食糧庁長官 1949年から2003年にかけて存在した、農林水産省の外局の食糧庁の長である長官です。 経済企画庁長官 1955年(昭和30年)から2001年の中央省庁再編まで存在した、経済企画庁の長である長官です。 水産研究専門官• 都市漁村交流専門官• 組織 [編集 ] 水産庁の内部機構は基本的には、法律の、政令の農林水産省組織令及び省令の農林水産省組織規則が階層的に規定している。

6
防災漁村課(令第142条)• 内示を受けた時は私自身、驚きましたけれど。 水産庁は1948年に設立され、水産物の安定供給と保護、水産業の発展、漁港整備や管理などを総括している農林水産省の外局です。