ブルー オーシャン 意味。 ブルーオーシャン戦略とは?成功事例と共にご紹介

ブルー・オーシャン戦略ツール「戦略キャンバス」と「4つのアクション」を使いこなす|MarTechLab(マーテックラボ)

理由3:これからの不確実性の時代を切り開くのは、ブルー・オーシャン戦略である 一つ一つの説明をすると長くなってしまうため、ここでは理由1についてのみ考えてみます。 ブルーオーシャンの文章・例文 例文1. カセラ・ワインズのイエローテイルブランドは、従来のワイン市場が主な顧客としていた「ワイン通」の人たちではなく、 ・飲みやすさ(低タンニン、果実の甘味) ・選びやすさ(赤1種類、白1種類に絞る) ・覚えやすさ(ワラビーのラベル) ・楽しさや意外性 などの要素を付加する事によって、ビールやカクテルなどを飲んでいた顧客を新たにワイン市場に取り込む事に成功しました。 カセラ・ワインズのイエローテイルブランドは、 ・飲みやすさ(伝統や格式を省いた低コスト化) ・選びやすさ(知識はないが楽しみたい人への付加価値) などを重視した気軽なワインを販売し、「味が複雑」「値段が高い」「種類がありすぎてわからない」といった理由からワインから遠ざかっていた顧客層の獲得に成功しました。

4
「4つのアクション」で事業の展開を膨らませる 4つのアクションとは、ブルー・オーシャンを切り開くための具体的なアクションを見つけるため、次の4つのことについて問いかけることです。 サービスの種類は約140ジャンル、サービスを提供する加盟店は約3000社と提携しています。

【社会人一年目必見!】間違いやすい!ブルーオーシャンの意味を知ろう

イエローテイルは「PLAY BY YOUR RULES. ・取り除く:業界常識として備わっているもののうち、取り除くべきものは? ・増やす:業界の標準と比べ、大きく増やすべき要素は? ・減らす:業界の標準と比べ、大きく減らすべき要素は? ・付け加える:これまで提供されていなかったもので、今後付け加えるべきものは? これらを深く考えていくことで、新しいアイデアが見つかるかもしれません。

4
もともと夫婦が小さなワインブランドであるカセラ・ワインズですが、イエローテイルの販売をきっかけに飛躍的に売上を伸ばし、販売後わずか2年でアメリカの輸入ワイン市場でNo. レッド・オーシャン(競争の激しい、血で血を洗う赤い海)とは、主に競争の激しい市場のことです。

【社会人一年目必見!】間違いやすい!ブルーオーシャンの意味を知ろう

競争相手のいない「ブルーオーシャン」で成功すれば、一定の顧客数を継続して獲得でき、ブランド力もアップするため、長期的な利益に繋がるからです。

5
市場が「ブルーオーシャン」の状況であれば、ビジネスチャンスとして高い成長性と収益性が期待できますね。 市場規模だけでなく、ターゲットとしているものも違いますので、混同しないように気を付けましょう。

「ブルーオーシャンとは何か」わかりやすく解説。意味・使い方・考え方・成功事例まで

そもそも、コモディティ(commodity)とは「日用品」。 他社の追随を許さない、圧倒的に差別化された商品・サービスばかりが、「ブルーオーシャン」を開拓するわけではないからです。

競争を中心としない(自ら価値創造を行う)ブルー・オーシャンでは、成長の機会は無限にあり、収益率もレッド・オーシャンと比較して多く期待できます。

「ブルーオーシャンとは何か」わかりやすく解説。意味・使い方・考え方・成功事例まで

しかし、ブルーオーシャンを創造した企業は ・参入直後に市場のシェアを独占できる ・その市場の独占によって自社のブランドを確立できる といった面などから、その後の市場における大きな優位性を得られる可能性があります。

13
社長は、来期の事業計画の一つに ブルーオーシャン戦略を掲げた。 ブルーオーシャン戦略は競争のない市場の開拓を目指す ブルーオーシャン戦略では、 競争のない、競合のいない市場を開拓・創造することで 企業の利益を最大化していくことを目的とした戦略です。

ブルーオーシャン戦略とは?ブルーオーシャン戦略の意味を丁寧に解説

具体的には以下の2つの場合が考えられます。

20
この差別化と低コストの両方を追及することで、バリューイノベーションが実現するのです。 しかし、ブルーオーシャンを創造した企業は ・参入直後に市場のシェアを独占できる ・その市場の独占によって自社のブランドを確立できる といった面などから、その後の市場における大きな優位性を得られる可能性があります。

「ブルー・オーシャン」とは結局何なのか。簡単にまとめてみた

ここでは「競合が少ない市場」を見極めるという意味での、「ブルーオーシャン」の使い方を解説します。 1の売上を達成しています。 シルク・ドゥ・ソレイユはそれまで主に子供をターゲットとしていたサーカス業界において、 「大人向けのサーカス(エンターテイメント)」市場を創造しました。

4
ブルーオーシャン戦略の成功事例をする。