Ff9 ベアトリクス。 【PS4版】FF9の攻略と楽しみ方

ベアトリクス(FF9) (べあとりくす)とは【ピクシブ百科事典】

ドラゴンリスト• オルベルタ(Artania) リンドブルム城でシドに仕える文臣。 終盤では自身の出生と生まれた目的を知り、自暴自棄になってしまうがガーネットの支えにより本来の自分を取り戻し、仲間たちと共に再び立ち上がる。 魔法キャラなので魔力を重視したいが、ビビは「ためる」があるので魔力が80以上あればためる1回で99に出来る。

17
ブロードソード• 配下は全てで固めている。

ベアトリクス(ff9)とは (ベアトリクスとは) [単語記事]

また、自身が率いる部隊は、プルート隊とは違い入隊希望者が後を絶たないようである。

忍びの衣• おのれスタイナー。 エンディングでシーンが追加される時もしっかりとんかちを持っている。

ベアトリクス(1回目)|ファイナルファンタジー9/FF9 完全攻略(PS4/Switch/XboxOne/Steam/iOS/Android版対応)

記憶こそ戻らなかったがエンディングではフライヤと恋人同士に戻り、また思い出を作っていくこととなった。 頭にコックのかぶる帽子をかぶっている。 例えばどっかの兄貴みたいに体力を「2971」にするとかさ。

シド大公の依頼でガーネット王女を誘拐する作戦に参加したが、彼女に本気で惚れたためタンタラスを脱退してまで、目的をもって旅を決意したガーネットに付き添った。

ファイナルファンタジーIX

彼女の案内を得て甲冑をまとった老人ガーランドと接触。 アレクサンドリアでの戦いでジタンたちを破るも、ジタンからガーネットを追い詰めるのに加担していることを指摘され、ようやく自分の過ちに気付き、ジタンたちに味方するようになる。 エンディング直前のモノローグでは、クジャの行いそのものが過ちだったとしながらも、自分たちが生まれてきたこと自体は決して間違いではなかったことを教えてくれてたことに感謝の意を述べている。

7
ミスリルクロー• かつてない強敵としてDisc1のラスト、で初めて対戦する。 ガーネット救出後は、アレクサンドリア城地下にてスタイナーとベアトリクスに加勢し、敵の追撃を止めるためパーティーから外れる。

ファイナルファンタジー9/FF9 完全攻略(PS4/Switch/XboxOne/Steam/iOS/Android版対応)

炎のつえ ラルヴァラーヴァ• ミスリルダガー 黒のワルツ2号• シド夫妻に引き取られたエーコは新たな父と母の三人でアレクサンドリアへ向かおうとしていた。 オークスタッフ• 改心したものの犯した罪は消えたわけではなく、彼女だけは何者にも裁かれることはなかった。 そのためガーネットをライバル視していたが、次第に彼女と姉妹のような仲となっていく。

10
トランスゲージは敵から攻撃を受けることで蓄積され、満タンになると一定ターンの間与えるダメージの量が1. 直後にジタンとクジャにイーファの触手が襲い掛かってきたが、ジタンはクジャをかばうように覆いかぶさって逃げようとはしなかった。

ベアトリクス(ff9)とは (ベアトリクスとは) [単語記事]

過去FF作品のそのまんまのデザインで旧作FANを歓喜させた。 ジタンがクジャを助けるとこも何で助けちゃうの見殺しにすればいいのにって感じだろ。

1
何よりも、中に人間がいた旧作の黒魔道士と違い、その帽子の下には生物でないものが詰まっていたのだ。 ジタンたちの前に現れ自らを窮地に追いやることでトランスの条件を満たし、幾多の魂をした究極のトランス形態「トランス・クジャ」となる。

【FF9】ベアトリクス(2回目)の攻略と盗めるアイテム【ファイナルファンタジー9】|ゲームエイト

その後ののアレクサンドリア襲撃時に、スタイナーの後をヨチヨチついてくる姿は必見。 非常に有能な人物で、シドからの信頼も厚い。 身体用防具 主に軽装6人の体防具。

12
初期必殺技は「」。

ファイナルファンタジー9攻略ぬすむボスキャラ

3人に詰め寄る一行だったが、大陸一の剣技と言われるベアトリクスの圧倒的な力を前に手も足も出ず、完敗を喫してしまう。

3
本作ではキャラクターの頭身が『』までのサイズに戻り、世界の根幹をなすクリスタルという概念の復活、『FFVI』、『』、『』と続いた要素の強い世界観から、かつての要素やのような世界観への転換のほか、メディアに対する情報においても大きな影響をもたらした。 アデルバート・スタイナー (Adelbert Steiner) 年齢33歳 声 - (『』) アレクサンドリア王国男兵騎士団「プルート隊」隊長。

ベアトリクス(FF9)

ブラネ女王が倒れた後、ベアトリクスは帰ってきたガーネット王女の側近として仕え始めましたね。 クワン(Quan) ク族のひとりで、ビビの育ての親。

18
常に敬語で話すが、その冷徹さゆえに多くの敵兵から恐れられるが、スタイナーと非常に似通っているところがあり、物強すぎる忠誠心ゆえに自分を出すことができない、不器用なほどに生真面目でかつ一途な性格である。