みんな と キャッチ ボール プロジェクト。 【プロ野球】「みんなとキャッチボールプロジェクト」の第1弾動画を公é

「みんなとキャッチボールプロジェクト」動画番外編を公開!

今後続編も制作予定です。 高校野球 [12月2日 22:25]• 同プロジェクトは、プロ野球選手と全国のファンが、キャッチボールをする動画とメッセージをつなぐ映像を制作し、選手とファンの野球に対する熱い思いを一つにつなげるというもの。

引き続きファンの皆さまからの動画投稿をお待ちしております。

【NPB】「みんなとキャッチボールプロジェクト」をスタート

アマ野球 [12月2日 18:48]• 日本野球機構(NPB)は「みんなとキャッチボールプロジェクト」の第2弾となる動画を公開した。

7
プロ野球 [12月3日 12:58]• アマ野球 [12月1日 21:16]• 集まった動画と12球団選手の動画をつなぎ合わせて一つの動画を制作し、NPB公式ホームページやSNSで配信する予定。 プロ野球 [12月3日 12:54]• アマ野球 [12月1日 21:16]• 高校野球 [11月28日 21:45]• スターマンから始まったキャッチボールは、ファンの人々を巻き込みボールをつないでいく。

日本プロ野球選手会 公式ホームページ

大学・社会人 ホンダ、NTT東日本が決勝へ/都市対抗準決勝詳細 []• 新型コロナウイルスの影響によりさまざまなイベントが中止、外出自粛となる不安な状況の中、野球で「みんなつながっている!」という連帯感や安心感、「前を向いて頑張ろう!」といった活力を生み出そうと本プロジェクトを企画しました。 このたび、番外編として特別版の動画が完成いたしましたので、本日よりNPB公式サイト及び公式SNSで公開いたします。 この動画はNPB公式サイトや公式SNSで見ることができる。

NPBは今後も、公式戦開幕まで複数作品を制作する予定。

球団マスコットが『みんなとキャッチボールプロジェクト』に登場

Twitter上に「#NPBみんなとキャッチボール」と付けて投稿してもらう。 【NPB】「みんなとキャッチボールプロジェクト」をスタート 日本野球機構(NPB)は23日、「みんなとキャッチボールプロジェクト」と題して、プロ野球選手と全国のファンがキャッチボールをする動画とメッセージをつなぐ映像を製作すると発表した。 ぜひ、皆さまの熱い思いを投稿してください。

7
プロジェクトが始まった06年は、WBCで日本が初代チャンピオンに輝いた年。 公式戦開幕まで募集を行う予定で、第2弾、第3弾の動画も順次公開されるとのことだ。

【プロ野球】「みんなとキャッチボールプロジェクト」の第1弾動画を公é

18日、日本野球機構(NPB)は「みんなとキャッチボールプロジェクト」の第四弾を公開した。 一般社団法人日本野球機構は、この度「みんなとキャッチボールプロジェクト」と題して、プロ野球選手と全国のファンの方々がキャッチボールをする動画とメッセージをつなぐ映像を制作し、選手とファンの野球に対する熱い思いを一つにつなげる企画を開始します。 高校野球 [12月2日 21:24]• 新型コロナの影響から2020東京オリンピックの開催も延期という事態になりましたが、早くみんなで観戦やプレーが楽しめるように、という思いが強くなっています。

7
応募の詳細は下記の通り。 第四弾の動画もNPB公式ソングの「Dream Park〜野球場へゆこう〜」にのせて、福家英登審判員のプレイボールの合図でスタート。

【動画】『みんなとキャッチボールプロジェクト』第四弾

多くのファンの皆さまから熱いメッセージをいただき、感謝申し上げます。

5
ファンとプロ選手が、まるでキャッチボールをしているかのような映像となっている。 ・吉川尚輝選手(読売ジャイアンツ) ・宮﨑敏郎選手(横浜DeNAベイスターズ) ・髙橋遥人投手(阪神タイガース) ・田中広輔選手(広島東洋カープ) ・柳裕也投手(中日ドラゴンズ) ・石川雅規投手(東京ヤクルトスワローズ) ・松本航投手(埼玉西武ライオンズ) ・中村晃選手(福岡ソフトバンクホークス) ・辰己涼介選手(東北楽天ゴールデンイーグルス) ・福田秀平選手(千葉ロッテマリーンズ) ・杉谷拳士選手(北海道日本ハムファイターズ) ・山岡泰輔投手(オリックスバファローズ) ・笠原昌春審判員(NPB審判員) プロジェクトは現在も募集を続けており、期間はシーズン開幕までとなっている。

「みんなとキャッチボールプロジェクト」動画番外編を公開!

キャッチボールはまさに野球の原点であり、日本が頂点にたつことのできるスポーツの裾野がじわじわと危機に瀕している状況を黙ってみているわけにはいきません。 アマ野球 [12月2日 22:16]• プロ野球選手や全国のファンからのメッセージをつなぎ、動画を制作して配信していくというもの。 全国のファンから募った動画は、一つの動画につなぎ合わせ、NPB公式ホームページやSNSで随時配信される。

ぜひこの機会にキャッチボール動画を撮影し、ハッシュタグ「 NPBみんなとキャッチボール」を付けて投稿してみてはいかがだろうか。