坂本 龍一 ライブ。 坂本龍一がプレミアムライブを緊急生配信

坂本龍一×Rhizomatiks、オンラインピアノコンサートを12月に生配信

映画『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯』のテーマ曲「Gui」や、ファンの中でも不動の人気を誇る「水の中のバガテル」や「美貌の青空」、1999年に発売されミリオンセールスを記録し、CM曲にも起用された「energy flow」、映画『戦場のメリークリスマス』から「Merry Christmas Mr. 映画『戦場のメリークリスマス』で映画に俳優として出演し、映画音楽も手掛け、日本人初の英国アカデミー賞の作曲賞を受賞した。 2020年11月28日 土 11:18UTC 公式サイト• 買い逃してしまったという声が多数寄せられ、日本国内限定で急遽追加販売が決定した。

どこまで繊細な音が皆さんの耳に届くのか、今からワクワクしています」とコメントしている。 「MUJI2020」は来春発表の新作アートBOX「2020S」に収録される。

坂本龍一さんがライブを無料配信 外出自粛に「少しでもエールを」

1970年代後半よりソロやKYLYNバンドのメンバーとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ YMO 」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。 同ライブは、坂本が「2020年」という誰もが忘れることのできなくなったこの年の締めくくりに、通常のソロピアノコンサートとは違ったスタイルで都内のスタジオから生配信。 そんな坂本が「2020年」という誰もが忘れることのできなくなったこの年のしめくくりに、通常のソロピアノコンサートとは違ったスタイルで、都内のスタジオからピアノコンサートを生配信で届けることに。

その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、ポピュラー音楽(特にテクノポップ)にも造詣が深い。 環境や平和問題への言及も多く、森林保全団体「more trees」の創設、「stop rokkasho」、「NO NUKES」などの活動で脱原発支持を表明、また「東北ユースオーケストラ」を立ち上げるなど音楽を通じた東北地方太平洋沖地震被災者支援活動も行っている。

坂本龍一、業界最高音質でライブ配信することが決定

いずれもアーカイブはなし。 チケット販売期間: 2020年10月23日(金)00:00 - 2020年12月9日(水)23:59(JST)• 4月2日のライブ生配信は、スマートフォンやPC、dTV対応テレビなどのdTVサイトから、ログインや会員登録の手続きはなく、視聴が可能。 ライブは「Ryuichi Sakamoto: PTP04022020 with Hidejiro Honjoh」と題し、坂本龍一によるピアノソロを含むパフォーマンスに加えて、三味線奏者の本條秀慈郎とのデュオパート、さらに本條秀慈郎のソロパートの3部で構成される。

15
小栗旬主演のドラマ版「銀魂」シリーズや、松坂桃李主演ドラマ「不能犯」など62作品を無料で視聴できる。 また、この配信は世界8つの国と地域に同時独占配信される。

坂本龍一、業界最高音質でライブ配信することが決定

ライブは坂本のピアノソロに加え、三味線奏者・本條秀慈郎との即興デュオ、本條によるソロの3部構成で披露される。

世界的に活動している日本人ミュージシャンである。

坂本龍一、本日より3週連続で過去のライブ映像をプレミア公開

また、チケット購入に際して、購入者は事前にトライアル動画による動作確認が必要。

13
「MUJI2020」の初披露も含めてコンサートに期待が高まる。

坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

坂本は今年、日本で緊急事態宣言が発令される前の4月2日、新型コロナウィルス感染拡大により外出自粛の傾向が強まる事態の中「音楽で少しでも緊張から解放されたら・・・」との思いから、いち早くライブ配信をおこなった。 そして、坂本のピアノソロによるエンニオ・モリコーネのカバー曲「1900」でライブが再開。 ただし、アーカイブ配信は予定しておらず、配信開始からライブ本編終了までの間のみ、無料で視聴できる。

1
12月12日(土)にオンラインで開催される坂本龍一の2020年最後のピアノコンサート「Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020」。 また、12月12日にはRhizomatiksの演出で行われる、坂本龍一の2020年最後のピアノコンサート「Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020」が控えている。

Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020

ライブは三部構成となっており、オープニングに続き坂本のオファーにより出演を快諾した三味線奏者のがゲストとして迎え入れられた。 最後は、改めて「コロナに負けず、頑張ってほしい」と強いメッセージを残し、エンドロールとして、「Perspective」でライブを締めくくった。

11
三味線演奏家とのプレミアムなコラボレーション 今回のプレミアムライブは、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う外出自粛の状況を受け急きょ開催される。

坂本龍一のオンラインコンサート「Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020」が、Rhizomatiksのライブ演出のもと、業界市場最高レベルの音質を実現する「MUSIC/SLASH」で12/12実施LMusic

共演者は、ソリストとして指揮者秋山和慶や東京シティフィルハーモニックなどと共演経験のある三味線演奏家の本條秀慈郎。 坂本龍一 Ryuichi Sakamoto 1952年東京生まれ。

坂本龍一のコメント 少し前から考えられない高音質でストリーム配信できるようになったそう。 チケット購入は配信品質を保つために配信日1週間前の12月7日23時59分までの販売となっている。