吸入 指導 加算 報告 書。 吸入薬指導加算のための情報提供文書(ディスカス)を作ってみた。|キユシト|note

吸入薬の標準吸入手順

PDFファイル; 156KB 吸入指導評価表(汎用) 3回目以降の吸入指導時にご使用ください。

19
吸入指導の要点をまとめたもの。

吸入指導評価表

保健医療機関に対し、文書による吸入指導の結果等に関する情報提供を行うこと。

19
(手帳により情報提供をすることでも差し支えない) ただし、患者への吸入指導を行った結果、患者の当該吸入薬の使用について疑義などがある場合は、処方医に対して必要な照会を行うこと。 Q2.吸入指導依頼書は必ず発行しないといけないのですか。

吸入薬指導加算をわかりやすく解説!情報提供方法は、お薬手帳に記載するだけでも良いの?

会員薬局様におかれましては、下記事項にご留意の上、送信先をお間違えなきよう引き続き適切な対応をよろしくお願いいたします。

20
(これが中々難しい。 社会医療法人峰和会回生病院様との吸入指導連携 回生病院の以下のサイトで確認をお願いします。

吸入薬指導加算 テンプレート 情報提供書

ディスカス服薬情報提供書 Excel. download Word 4.吸入指導連携参加薬局名簿 鈴鹿亀山薬剤師会は、現在、鈴鹿市医師会様とも吸入指導連携して取り組んでいくことを検討しています。

19
何かご質問、要望等ありましたらコメントください。

独立行政法人国立病院機構 大阪刀根山医療センター

ここでは考えられる情報提供方法をいくつか記載していきます。 吸入薬指導加算は、患者若しくはその家族等の求めがあった場合には、吸入指導の必要性が認められる場合であって医師の了解を得たとき、または保健医療機関の求めがあった場合に、文書および練習用吸入器を用いて、吸入手技の指導を行い、患者が正しい手順で吸入薬が使用されているか否かなどの確認などを行い、吸入服薬指導の服薬情報提供書を作成して保健医療機関に提出します。

7
事前準備について ・処方箋の備考欄に「吸入薬指導」と記載すること ・吸入薬指導の依頼書を発行すること ・フィードバック方法 などについて門前の医院に対しては直接相談したり、総合病院などに対しては、薬剤師会や医師会などを通すなどして相談しておく。 ICT(Infection Control Team)は、医療現場での感染予防に取り組んでおり、院内における抗菌薬の適正使用の推進を目的に週1回のカルテ回診を行っています。

吸入薬指導加算について|令和2年度診療報酬改定|電子薬歴メディクス(MEDIXS)

こちらも薬薬連携のために作成したようです。 吸入は手技が難しく、指導にも時間がかかります。 吸入薬指導加算 30点の注意点! 当該加算の算定では同じ患者に、服薬情報等提供料やかかりつけ薬剤師指導料(包括管理料)との同時算定はできない。

なお、保険医療機関に情報提供した文書等の写し又はその内容の要点等を薬剤服用歴の記録に添付又は記載すること。 各地域の取り組みを参考までにご紹介しておきます。

2020年調剤報酬改定 吸入指導加算の解説

点数は? 30点 1回あたり300円の利益となります。 A1.吸入指導依頼書と吸入指導評価表は、医師が吸入指導の重要性と連携について説明及び同意を得たうえで、医療機関で交付をお願いいたします。 薬学の専門家としてのアドバイスをチーム内だけでなく、各担当病棟薬剤師や病棟スタッフにも行っています。

19
なお、保険医療機関に情報提供した文書等の写し又はその内容の要点等を薬剤服用歴の記録に添付又は記載すること。 カルバペネム系・ニューキノロン系・抗MRSA薬は、使用届け出制を行っており、薬剤選択の理由・抗菌薬感受性試験の結果を反映した抗菌薬の選択がなされているかどうか・投与量・投与期間の確認、また、抗MRSA薬やアミノグルコシド系抗生物質において、TDM(Therapeutic Drug Monitoring:薬物血中濃度モニタリング)を行い適正使用に努めています。

吸入薬指導加算について|令和2年度診療報酬改定|電子薬歴メディクス(MEDIXS)

また、食欲を低下させる薬が処方にないかのチェックや、食欲を増進させる処方を担当医に提案しています。 エクセルなどで作っておくといいでしょう。

2
吸入薬の標準吸入手順 薬剤師ほか医療機関関係者のみなさまへ 喘息やCOPDにおける吸入療法は大変有用な治療法ですが、正しい手技により確実に吸入できないと効果が期待できません。

吸入薬指導加算をわかりやすく解説!情報提供方法は、お薬手帳に記載するだけでも良いの?

3、事務さんと仲良くなり薬や保険の情報をGiveしまくる 今回の改定で医師と会うチャンスが大幅に増えた 自分は15年前薬局長になってから毎週1回患者さんが薬局で話した情報を持って医師に面会にいっていました。

13
そして、それらの治験薬はそれぞれ決められた手順に従い、保管、管理、そして調剤を行っています。