日本 植物 病理 学会。 日本植物学会第84回大会

日本植物形態学会

人間は進化の原理、自然の摂理を超えました。 tabaci の Nicotiana tabacum に対する感染挙動 第11回 平成29年度 宇治 雄也 愛媛連大農 ジャスモン酸によって誘導されるイネ白葉枯病抵抗機構において重要な転写因子JMTF1の役割 鎌田 和樹 岩手大農 リンゴ小球形潜在ウイルス ALSV ベクターで世代促進したリンドウ由来の後代実生からはALSVは検出されない 岩渕 望 東大院農 花器官の葉化誘導因子ファイロジェンは異なる複数の科の植物に葉化を誘導する Andre Ohara 北大院農 The DNA damage signal transducer ortholog Mop53BP1 is expressed in germinating conidia of Pyricularia oryzae 後藤 幸久 理研CSRS・東大院理 PRR複合体の新規因子REAL1 PAMP情報伝達系を負に制御する 鯉沼 宏章 東大院農 国内のキャッサバから初めて検出されたファイトプラズマの分子遺伝学的解析 黒川 達嗣 法政大植医 Convolutional Neural Networksを用いたキュウリ罹病葉の画像診断システムの開発 寺田 忍 愛媛大農 誘導型カリフラワーモザイクウイルスTav遺伝子発現シロイヌナズナが示す成長抑制における遺伝子発現の網羅的解析 松尾 優希 農工大院農 アシベンゾラル-S-メチルは植物RNAウイルスの2つの異なる感染段階を抑制し,その効果はウイルス種により異なる 西本 良太 神戸大院農 Brassica rapa L. 2019年4月11日 日本植物形態学会3賞受賞候補者の募集を開始しました。 日本植物病名目録 本学会は、を組織し、我が国で発生が報告された植物病害を主な対象として、病名、病原名などを、根拠文献に基づき審議・決定しています。

7
会長より 日本植物病理学会 会長 日本植物病理学会は、植物病理学の進歩と普及をはかることを目的として、1916年に創設されました。

日本植物形態学会

平成26年度日本植物病理学会大会事務局. jp)宛てに、学生の身分を有する旨の連絡を送付して下さい。

15
2019年1月15日 を掲載いたしました。

Home page of Phytopathological Society of Japan

植物病理学では、植物病害を観察し、疫学的解析を行い、新型病原の出現機構を解析し、特異検診技術を開発し、薬剤を含む防除技術を確立し、予察を行い、感染拡大(水平伝搬)防止策を講じ、翌年への垂直伝搬も防止し、国内および国際検疫を行い、農家を指導し、さらには、農業という経済面からも考察を行っています。

4
詳細はのページをご覧ください。 急遽方針転換、オンライン大会に変更しました。

日本植物学会第84回大会

2019年1月15日 学会からのお知らせにの案内を掲載しました。 植物学会ならではの、分野と思考回路の異なる会長、実行委員長、総務の多様性が重大な決断に機能しました。 Impact of abiotic stress on the regulation of cell wall biosynthesis in Populus trichocarpa• , an anthracnose pathogen of safflower, garland chrysanthemum and pot marigold, revived by molecular phylogeny with authentic herbarium specimens Journal of General Plant Pathology 78 5 :316-330 2012 Kyoko Sugawara, Misako Himeno, Takuya Keima, Yugo Kitazawa, Kensaku Maejima, Kenro Oshima, Shigetou Namba Rapid and reliable detection of phytoplasma by loop-mediated isothermal amplification targeting a housekeeping gene Journal of General Plant Pathology 78 6 :389-397 2012 2013 平成25 年度 Susumu Mochizuki, Ken-ichiro Saitoh, Eiichi Minami, Yoko Nishizawa Localization of probe-accessible chitin and characterization of genes encoding chitin-binding domains during rice- Magnaporthe oryzae interactions Journal of General Plant Pathology 77 3 :163-173 2011 Izumi Chuma, Yuma Hotta, Yukio Tosa Instability of subtelomeric regions during meiosis in Magnaporthe oryzae Journal of General Plant Pathology 77 6 :317-325 2011 2012 平成24 年度 Yoshiyuki Ebihara, Seiji Uematsu, Sakon Nomiya Control of Verticillium dahliae at a strawberry nursery by paddy-upland rotation Journal of General Plant Pathology 76 1 :7-20 2010 Mitsuo Horita, Yasuhiro Suga, Atsushi Ooshiro, Kenichi Tsuchiya Analysis of genetic and biological characters of Japanese potato strains of Ralstonia solanacearum Journal of General Plant Pathology 76 3 :196-207 2010 2011 平成23 年度 Izumi Chuma, Takeshi Shinogi, Naoki Hosogi, Ken-ichi Ikeda, Hitoshi Nakayashiki, Pyoyun Park, Yukio Tosa Cytological characteristics of microconidia of Magnaporthe oryzae Journal of General Plant Pathology 75 5 :353-358 2009 Kappei Kobayashi, Reiko Tomita, Masaru Sakamoto Recombinant plant dsRNA-binding protein as an effective tool for the isolation of viral replicative form dsRNA and universal detection of RNA viruses Journal of General Plant Pathology 75 2 :87-91 2009 2010 平成22 年度 Hiroyuki Hamada, Hideo Matsumura, Reiko Tomita, Ryohei Terauchi, Kazumi Suzuki, Kappei Kobayashi Super SAGE revealed different classes of early resistance responce genes in Capsicum chinense plants harboring L 3-resistance gene infected with Pepper mild mottle virus Journal of General Plant Pathology 74 4 :313-321 2008 Takashi Nakajima, Megumi Yoshida, Kenta Tomimura Effect of lodging on the level of mycotoxins in wheat, barley, and rice infected with the Fusarium graminearum species complex Journal of General Plant Pathology 74 4 :289-295 2008 2009 平成21 年度 Norio Nishimura Selective media for Fusarium oxysporum Journal of General Plant Pathology 73 5 :342-348 2007 Akira Kawaguchi, Koji Inoue, Hideo Nasu Biological control of grapevine crown gall by nonpathogenic Agrobacterium vitis strain VAR03-1 Journal of General Plant Pathology 73 2 :133-138 2007 2008 平成20 年度 Koji Azegami, Takanori Tsukamoto, Takayuki Matsuura, Yasuhiro Inoue, Hiroshi Uematsu, Tatsuji Ohara, Akifumi Mizuno, Kouji Yoshida, Hideo Bessho, Shigeyoshi Sato, Shigeru Kimura, Masao Goto Erwinia amylovora can pass through the abscission layer of fruit-bearing twigs and invade apple fruit during fruit maturation Journal of General Plant Pathology 72 1 :43-45 2006 Yasushi Hirano, Tsutomu Arie PCR-based differentiation of Fusarium oxysporum ff. 成功の保証無し。

学会に関するご要望やご意見がありましたら、電子メールにてお寄せ下さいますようお願い申し上げます。 2018年3月6日 を掲載しました。

Phytopathological Society of Japan :: 会長より

2020年2月1日 2020年日本植物形態学会のを更新しました。 発表してくれた176名の高校生、200名以上の学部学生諸君、これが研究者です。 2020年2月25日 真核生物の起源につながる、細胞内小器官の分裂を制御するメカニズムを発見 に記事を掲載しました。

12
2019年9月4日 を掲載しました。

日本植物学会第84回大会

平成25年4月1日 平成26年度日本植物病理学会大会のホームページをオープンしました。 その成果は、和文誌として日本植物病理学会報に年4回発行、英文誌としてJournal of General Plant Pathology Springer Nature社より出版 に年6回発行、に掲載されています。

6
その結果本会は社会的に認知・信頼される団体になりましたが、一方で、社会的責任が明確化されたことになります。 2019年9月8日 を公開しました。

Phytopathological Society of Japan :: 病名目録

なお、本目録上の病名等は、本学会会員が学術上の目的により使用する際の基準とするもので、一般書や普及情報等における病気の慣用的な名称等の使用を妨げるものではありません。 におけるアブラナ科植物白さび病抵抗性遺伝子の探索と検出 増島 侑紀 農工大院農 オオバコモザイクウイルス複製酵素の両親媒性へリックスへの変異導入によるウイルス複製および膜局在性への影響 萩原 悠理 法政大植医 ファイトプラズマの recA遺伝子の偽遺伝子化に関する変異解析 遊佐 礼 東大院農 翻訳開始因子eIF4EアイソフォームnCBPを欠損したシロイヌナズナではplantago asiatica mosaic virus の感染が遅延する 第10回 平成28年度 相原 光宏 農工大院農 マイコウイルスMoCV1-A感染がもたらすイネいもち病菌病原性変動の調査 東 夏希 神戸大院農 エンバクに対するコムギいもち病菌の非病原力遺伝子 PAT1を保有するBACクローンの同定 板谷 知健 名大院理 機械刺激依存的イオンチャネルを介した防御応答の解明 市之瀬 玲美 法政大植物医科 プリムラ・ポリアンサ Primula polyantha に新発生したうどんこ病菌 亀井 美里 近大院農 キチン信号伝達系におけるMAPKKK5の活性化機構の解析 笹野 百花 東大院農 ファイロジェンとシロイヌナズナのクラスE MADS-box転写因子群の相互作用 塚田 淑仁 東洋大院生命 ヒスチジンキナーゼ CcOS1遺伝子のnull変異がキュウリ褐斑病菌のジカルボキシイミドとフェニルピロールに対する圃場耐性を担う 津島 綾子 東大院理・理研CSRS コアエフェクター候補遺伝子 CCE1は Colletotrichum属菌に保存され,細胞死を誘導する 濱田 健太郎 農工大 菌糸細胞破断法による Alternaria alternataマイコウイルス高含量株及び欠損型dsRNA含有株の作出 水谷 行善 名大院生農 アフリカ産フザリウム属菌のウイルス様dsRNAの性状解析 八坂 亮祐 佐賀大農・鹿児島大院連農 カブモザイクウイルスの南アジアから東アジアへと続く拡散経路とその時期について 第9回 平成27年度 足助聡一郎 神戸大院農 シコクビエいもち病菌が保有する普通系コムギに対する非病原力遺伝子数の遺伝学的推定 五十嵐千佳 岐大応生 ネギ類の混植によるホウレンソウ萎凋病の抑制 磯部仁美 名大農 Epichloaeエンドファイトの遺伝的多様性獲得における疑似有性生殖の役割 井上健人 近畿大農 イネの免疫応答に�. 夜の無い日々、絶えざるVDTの危険。 平成26年2月20日 is available. そして、植物科学の新たな幕開けに立ち会った喜びを分かち合いたいと思います。

20
本会には、会員数と会員の多様性や国際性をどう維持するか、小集会(研究会)等や学会誌のあり方、など今後検討・解決しなくてはならない課題が山積しています。 2019年4月11日 を掲載しました。