年 次 報告 書。 SSHの今後の方向性「第二次報告書に向けた論点整理」公開

地球環境概観第5次報告書(GEO5)〜人間社会にとって深刻な影響をもたらす臨界閾値に近づきつつある地球〜

こう語るのは、IPCC 第1作業部会のトーマス・シュトッカー共同議長です。 公報掲載件数・• IPCC は1988年、気候変動の科学的根拠、その影響と将来的なリスク、そして適応と緩和に向けた選択肢の定期的評価を政策決定者に提供することを目的に、世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)によって設立され、国連総会による承認を受けました。 3年の歳月、130ヵ国以上からの450名超の代表執筆者・800名超の執筆協力者の寄稿、2500名以上の専門家の査読 を経て、2007年2月より順次公開され、から誰でも入手可能である。

10
これは年間成長率0. 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、今後さらに温暖化の被害が増えるとの予測をまとめています。

特許行政年次報告書2020年版

スポーツは「技術」と切り離せません。

18
逆に気候変化は持続的発展を妨げ得る。

IPCC第4次評価報告書

図SPM. 二酸化炭素は、人為起源のの中で最も影響が大きい。 分類別国際意匠登録出願件数表(指定国官庁)・• 内容は、統合報告書のSPMに要約される。 これまでの報告書 第1次報告書(1990年)First Assessment Report 1990 FAR 第2次報告書(1995年)Second Assessment Report: Climate Change 1995 SAR 第3次報告書(2001年)Third Assessment Report: Climate Change 2001 TAR 第4次報告書(2007年)Forth Assessment Report: Climate Change 2007 AR4 第5次報告書(2013年)Fifth Assessment Report: Climate Change 2013 AR5 195ヶ国の政府が関わって作成し、各国政府の承認を取り付ける機構。

6
気温や水温の変化や水資源・生態系への影響、人間社会への被害の予測結果について、現在までに分かった事項をまとめている。 (6)意匠(出願)・• 作業は下記3つの作業部会 Working Group, WG に分かれて進められた。

「特許行政年次報告書2020年版」を取りまとめました (METI/経済産業省)

2013年6月6日時点のよりアーカイブ。

2
これによる公的な便益は民間部門で得られる便益より大きく、公的な支援が明らかに正当である。 現在、川の流れを再びアラル海に戻す努力がされていますが、一度人間が壊した自然をもとに戻すのは容易ではありません。

「特許行政年次報告書2020年版」を取りまとめました (METI/経済産業省)

日本国特許庁における産業財産権関係料金一覧 (参考)特許料等の減免措置一覧表• 二酸化炭素の回収・貯留• 第5次報告の第1作業部会の場合、日本からは10人の執筆陣が参加しました。 DO出願分類別・国内書面受付年別出願件数表(特許)・• 都道府県別出願件数表(日本人によるもの)• 4 気候変化への対処に関する現時点での知見 [ ]• 第一作業部会(WG I :(自然科学的根拠)• 日本では環境省がを提供し、やを公開している。 現状の緩和政策や持続的発展策では、世界のGHG排出量は今後数十年増え続けると予測される。

2 今後の気候変化の予測結果 [ ]• 06ポイント低下すると見られています。

「特許行政年次報告書2020年版」を取りまとめました (METI/経済産業省)

「個々の主体が別々に自己の利益を追求していては、気候変動への取り組みはできません。 2016年1月16日閲覧。

8
3つの作業部会による報告書は、幅広い科学的、技術的、社会経済的な見解と専門知識を有する80カ国以上の830人を超える調整担当主執筆者、主執筆者、レビュー担当編集者が、1,000人を超える寄稿者の支援を受け、また、反復的な査読、見直しのプロセスで2,000人を超える査読専門家から提供された知見を取り入れながら作成しました。 「A:グローバル、部門別の諸相」(1,132ページ)、「B:地域別の諸相」(688ページ)の2部からなる第2作業部会報告書(『影響・適応・脆弱性』)は2014年3月に完成し、発表されました。