神奈川 県 感染 拡大 防止 協力 金。 【神奈川県】新型コロナ協力金 第2弾 ※受付終了※

神奈川県 コロナ感染拡大防止協力金

1事業者あたり10万円(事業所を賃借していることによる加算はありません) 3 交付要件等• 申請の流れ <県機関リンク> ・ ・ 申請書類 申請にあたっては、次の書類が必須となります。

7
8.第1弾をすでにもらっている場合、第2弾はもらえないの? コロナウイルス感染拡大防止のため、自主的に休業した要請対象外の施設も対象となる。 「中小企業」とは、中小企業支援法(昭和38年法律第147号)第2条第1項に定める中小企業者その他法人(国、法人税法(昭和40年法律第34号)第2条第5号に規定する公共法人及び法人税法(昭和40年法律第34号)第2条第9号に規定する普通法人で中小企業者に該当しない者を除く法人をいう。

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第3弾)について

また、受付期間外の申請はご遠慮ください。 新たな商品の開発又は生産、新サービスの開発又は提供、商品の新たな生産又は販売方式を導入する事業 取り組み事例としては、自動車部品製造業を行っていたが、福祉介護用品製造に参入するための製造設備の導入が挙げられており、 事業内容が大幅に変わるような取り組みが対象となります。

11
「銀行名」、「口座名義人(フリガナ)」、「預金種別」、「口座番号」がわかること• ただし、一般消費者に対して直接、販売やサービス提供等を行うものは対象です。 県では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、県の休業要請等に協力し、また、自主的に休業等をされている中小企業及び個人事業主等の皆様に対して協力金(第2弾)を交付します。

神奈川県藤沢市:「藤沢市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金交付事業」

概要は、神奈川県のサイト「」で公表されている。 また、取組書とともに発行するQRコードを利用し、店舗の利用者の皆さまの感染リスクを保健所が速やかに、必要に応じてフォローアップするための仕組みとして 「LINEコロナお知らせシステム」を提供しています。

19
神奈川県 新型コロナ拡大防止に協力金 対象絞り10万円〜最大30万円 海老名・座間・綾瀬 タウンニュース タウンニュース - www. com• 新型コロナ: 神奈川県の協力金、「24日から休業」を条件に 日本経済新聞 - www. また、時間短縮営業よりも、休業を行っている方が交付額が高くなることもあります。

神奈川県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第2弾)実施概要まとめ

郵送:〒231-0026 神奈川県横浜市中区寿町1-4 かながわ労働プラザ3階 協力金(第2弾)事務局 電子申請:神奈川県電子申請システム「神奈川県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第2弾)交付申請」 6.飲食店を営んでいるが、申請時の提出書類は何か? 必ず必要な書類は、下記の通り。

16
協力金第3弾コールセンター(12月7日以降に開設予定)• 生産設備等導入事業:最大200万円 こちらの事業の内容としては以下のように設定されています。 令和2年4月10日以前に開業しており、営業の実態があること。

神奈川県「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」の最新情報まとめ

電子申請の場合は、神奈川県電子申請システムの申請フォームから必要書類を添付し、申請することが可能となります。

【再起支援型】• (個人事業主の場合)休業等を行う事業による所得のすべてが事業所得として確定申告の対象となること。

神奈川県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第1弾)について

biz• この制度は各都道府県で行われている施策ですが、給付される金額、対象者、申請期間などはそれぞれ異なるので注意が必要になります。 申請受付期間• (宅配やテイクアウトは含まれない。 神奈川県の緊急事態措置により、施設の使用停止や夜間営業時間の短縮要請に応じた中小企業又は個人事業主であること。

4
対象店舗 通常夜22時から翌朝5時までの夜間時間帯に営業し、酒類を提供している以下の店舗• 時短営業を開始した日から、17日まで連続して時短営業することが必要です。 『神奈川県』の関連ワード• 「時短営業の案内」とは、「実施期間」、「時短営業期間中の営業時間(又は休業していること)」及び「店舗名」を一般に広く公開しているものをいいます。

神奈川県:「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第2弾)」

・神奈川県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金交付申請書(食事提供施設)(第1号様式の2) ・協力金の振込先の通帳等の写し ・事業活動を証する書面(法人県民税・事業税申告書の控えの写し、営業許可証の写し等) ・事業活動の内容がわかる書面(食品営業等に係る許可証の写し、事業所HPや事業活動パンフレット等) ・夜間営業時間の短縮期間前の営業時間や酒類の提供時間がわかる書面 ・短縮期間中は酒類の提供を19時までとし、夜間営業時間を短縮したことがわかる書面(告知HP、ポスター等) 6. 審査結果はどのように教えてもらえるのか? 支給不可となった場合は、電話もしくは郵送にて通知を行っている。 短縮後の営業時間を朝5時から夜8時までの間とし、酒類の提供時間を夜7時までとすることが必要。 なお、第2弾は、協力金第1弾受付終了後に開始する予定です。

18
(注)• 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、県の休業要請等に協力し、また、自主的に、 令和2年5月7日から同月26日までの間で15日以上(注3)休業等をしていること。 地域 神奈川県 実施機関 神奈川県 公募期間 2020年5月7日〜2020年5月31日 上限金額・助成額 30万円 補助率 1 1事業者あたり10万円 2 要請を受けて休業している事業者が事業所を賃借している場合の加算額 県内に所在する事業所が1事業所の場合 10万円 県内に所在する事業所が複数事業所の場合 20万円 利用目的 経営改善・経営強化 対象経費 ・支給対象事業者 県内に事業所を有し、県からの協力要請にご協力いただき、休業又は営業時間を短縮した中小企業及び個人事業主 公式公募ページ. 中小企業又は個人事業主等であること。

【神奈川県】新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第1弾)

申請受付期間 協力金第1弾の申請受付期間は、令和2年4月24日(金)~令和2年6月1日(月)です。 その他必要な書類(食事提供施設以外・食事提供施設問わず)• 多くの事業種に被害が出ていますが、中でも深刻な状況に陥っているのが飲食店です。