コロナ マーク ii。 トヨタ・マークII

【昭和の名車 23】トヨペット コロナ マークII 1900HT GSS(昭和44年:1969年)

4月 -「2. グランデのエンブレムはこれまでの筆記体から活字体に変更された、スポーツ系のツアラーの呼称は廃止され、「 グランデiR-V」と「 グランデiR-S」という呼称になった。 なお、「グランデFour」には選び抜かれた装備を備えるSパッケージも設定されています。 プラットフォームは新設計されている。

4
モデルチェンジの度にボディサイズを拡大してきたが、この代でついに上位クラスのクラウンセダンと全長・全幅が全く同じ寸法となり、一時的ではあるがが追いついた格好となった。

トヨペット・コロナ マークII ・・・圧倒的な存在感!グリルが立派なクルマ特集

4ディーゼルターボ 車廃止に伴い、マークll全車のエンジンにBEAMS VVT-i機構を標準装備。 8月 - マイナーチェンジでスラントノーズ化された。

8
4月 - 一部変更。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

「街中では3速までしか入れられない」|愛娘に贈った憧れのツインカム|73年式 トヨタ コロナ マークⅡ ハードトップ 2000 GSS 2

それまでは4気筒エンジン車が縦桟タイプと6気筒エンジン車がメッシュタイプ。

1
1972年に登場した2代目には、1. またハードトップのブラックアウトされたCピラーの処理「クリスタル・ピラー」が特徴的で、1985年度のグッドデザイン賞を受賞している。 この当時のコロナ・マークIIは、かつてBC戦争とさえ言われていた日産ブルーバードとの熾烈な販売合戦に勝利し、市場占有率(シェア)を着々と拡大していたトヨタの、クラウンと並ぶフラッグシップだった。

トヨタ企業サイト

0LのGTは無鉛プレミアムガソリン化で165馬力にパワーアップした。

3
prevent-bg-text-style h3:not. 2月 - セダン並びにSFがフルモデルチェンジによって販売終了。

さらばトヨタ マークX! 令和元年に終わるマークIIからの歴史を辿る【前編】

トヨタが総力を挙げてダットサンセダン(に(310系)にモデルチェンジ)打倒を目指して開発された本格的な小型乗用車であった。 へ対抗すべく、スカイラインGTのアドバンテージであった6気筒に対抗し、クラウンから移植の6気筒エンジンを搭載したモデル「Lシリーズ」が登場。 これでも、まだまだグレード数は少ない部類に属するものだった。

17
5LがEFI化され4S-FE型、5A-FE型にパワーアップされ、2. 「トヨペット・コロナ マークII ダブルピック」。 エンジンは「18R-B」型(SOHC・ツインキャブ)および「18R-E」型 SOHC・EFI で、グレードは2000SL、同EFI、そして新たに追加された2000SRである。

マークII(トヨタ)の中古車

しかし、あまり好評とはいえず、連続ベストセラーの記録もここで途切れる。

12
三角窓を廃し、「サンダーウェーブ」と名付けられた、シンプルでありながらボディ側面の窓下に抑揚を効かせたスタイルを特徴とし、発売当初は「シルエット70」(セブンティ)と名付けられて宣伝されたが、同時期のカローラにも似たこの時代の典型的なデザインだったことや、カローラとコロナの中間車種であるカリーナが登場したこともあり、注目度はあまり高くなかった。 4ドアセダンでは視界の良さを強調する古典的なノッチバックスタイルを採用。