木っ端 役人。 坂口安吾 青春論

技術系公務員も資格をとろう!(技術士等を目指す技術者を支援): 木っ端役人の技術士第二次試験(建設部門2つめ)受験情報

曲馬団だとか、レビューだとか、酒だとか、ルーレットだとか、そういう現実と奇蹟の合一、肉体のある奇蹟の追求だけが生き甲斐になってしまったのである。 むしろ、「国の予算を投じる機関として国民に理解されることが大事」と強く指摘されるべきは今の日本政府であり、菅自身だ。 むしろ、かかる人々を憎み 蔑 ( さげす )むのである。

18
質問されたことに対し、まったく的外れの答弁を繰り返していたからむちゃくちゃだった。 「全集中の呼吸で答弁させていただきます」。

坂口安吾 青春論

武蔵の剣法も亦、いわば一つの淪落の世界だと僕は思う。 又、彼等は人の信頼を裏切らず、常に仁義というものによって自らの行動を律しようとするのである。 今の日本で言えば、政府に諫言する役割を担っている組織のひとつが日本学術会議であり、それが「右向け右」となれば国家が滅びるため、識者を含む多くの国民が強い危機感を持って反対の声を上げているのだ。

(2019.08.30) @のお浸しバジル風味 (オカワカメ)はのおいしく、びっくりするほど栄養価の高い野菜ですが、香りがいまいち。

木っ端役人。

なぜなら、負ければ自分が死ぬからだ。 何でも構わぬ。 子規の頃にはまだギブスがなかったとみえ、毎日 繃帯 ( ほうたい )を取換えている。

9
キッとですね。

役所への常連クレーマーの対処方法

場所は、「ダウンロード」フォルダに保存されています。 なんとかして見たいと思って、友達の幕末に通じた人には全部手紙で照会したが一人として『夢酔独言』を読んだという人がいなかった。 19章がその一つで、「樸」=切り出したままの木材は、まだ加工されていろいろな部材になって使役される前の状態であり、はこれを讃えるのです。

4
然らば、青春とは何ぞや? 青春とは、ただ僕を生かす力、諸々の愚かな然し僕の生命の燃焼を常に多少ずつ支えてくれているもの、僕の生命を支えてくれるあらゆる事どもが全て僕の青春の対象であり、いわば僕の青春なのだ。 この言葉に対応する言葉として「樸:ぼく、あらき」(自称の代名詞「僕」の人偏を木偏に代えた文字)というのがあります。

菅首相<来週の国会では火ダルマ必至>しゃべればしゃげるほど「怖さ」に戦慄(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

そこで住持が不思議に思って、この枕言葉は聞きなれないものであるが、いったいどういう意味があるのですかと尋ねた。 もっと他人というものを考えずにはいられないし、自分の弱点に就て、常に思いを致し、嘆かずにもいられぬ。

7
心理でも油断でも、又どんな弱点でも、利用し得るものをみんな利用して勝つというのが武蔵の編みだした剣術だった。

菅首相<来週の国会では火ダルマ必至>しゃべればしゃげるほど「怖さ」に戦慄(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

死んでしまっては身も蓋もないから、是が非でも勝たねばならぬ道理だ。 そう叫んで、国民が「確かに違反してる」と思ってくれると思うか? 国民のほとんどは「どちらが本当かわからないからどうでもいいや」と思うのですよ。

どこにも区切りがないのだ。

衆院予算委で露呈…パワハラ菅首相は本物の「スカ」だった(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

元々富田流は剣の 速捷 ( そくしょう )を尊ぶ流派だから、小次郎も亦速技を愛する剣法だった。

9
僕の生活も文学も散文ばかりになってしまった。 2日の衆院予算委で、野党側の質問前にこう切り出して大スベリした菅首相。