花 より 男子 二 次 小説 司 一筋。 花より男子 二 次小説 司一筋 27

花より男子 二 次小説 司一筋 27

一年後。

13
」 俺はそう言って、類をリビングに連れて行った。 世界的に有名な道明寺さんに対して、ねーちゃんはどこにでもいる普通のOL。

Last Promise 【花より男子 二次小説】 (1ページ)

「元気で……」 「あ、ああ。 , 「えっ!ちょっと待って、着替えてるから、」奥からねーちゃんの声が聞こえてくるけど、俺は自分のコートを持って玄関に向かった。 「悪い……」 司は、そういったきり、目の前のグラスをカラカラと弄んでいる。

8
」と、類が顔を出す。

道明寺楓~鉄の女1 | 幻影華

, 「弟、これ持っていけ。 仕事もそうだが、約6年使ったマンションの私物整理にも時間がかかった。

6
相手を思う気持ちだけでは超えられない時間の壁を、実感するには、ふたりはまだ幼すぎた。 自分で買ったことねーからさすがにビビったわ。

花より男子 二 次小説 司一筋 27

そして、また一年が過ぎる。 ただ、お互いを信じて。 ビクッとして振り向いたダリィに俺は 「類のは紅茶にしてくれ。

13
現に俺らだっておまえとあの子の仲を疑っただろ!」 「疑ったって。 」道明寺さんが言った。

バカな男 5

その一連の流れを見ていた類が、 「司、…………もしかして……」 「ああ。

18
どう考えても、ねーちゃんより道明寺さんの方が忙しいに決まってるし、ねーちゃんの職場なんてここから歩いても15分ですよ。 四年という時間の長さも実感できないままに、司が公の場で言った言葉がそのまま、つくしのこころに刻まれた。

司一筋 ランキング

引き締まった体。 おまえも元気でな」 司にくるりと背を向け、歩き出すつくしの背中は、まっすぐに伸び、凛としていた。

あいつには千円のメロンでも買ってやるから。 」 と、類が言うのを、俺は手で制して立ち上がると、ダリィの側まで行きダリィの肩を軽く叩く。