Jr 東日本 エコ バッグ。 「スノーピーク」のエコバッグが「JR東日本」の駅ビルなどで無料配布!

JRE MALLにて人気のエコバッグプレゼントキャンペーン実施をお知らせします。

「JRE MALL」内で対象商品をご購入いただいたJRE MALL会員さま(先着2,020名)にオリジナルエコバッグをプレゼントいたします。 環境に配慮し、プラスチックのリサイクル素材を利用。

4
最近、とっても人気のあるのはシュパットというエコバッグだそうですよ。 JR東日本は、小売店のレジ袋が7月1日から有料義務化されるのを前に、6月16日から駅ビル・エキナカ施設等で一定金額以上の買い物をした人を対象に、オリジナルエコバッグを配布する。

「スノーピーク」のエコバッグが「JR東日本」の駅ビルなどで無料配布!

素材には、ペットボトルから再生した繊維の生地を利用する。 エコバッグはJR東日本とアウトドアメーカーのスノーピーク、リサイクル開発を行う日本環境設計の3社が共同で企画し、ペットボトルから再生した生地を使用して制作した。

1
どこで配布しているの? 配布店舗 一部のNewDays及びBOOK EXPRESS・くすりSTATION等の専門店 配布店舗一覧はこちら 配布条件 お一人様、1会計につき税込500円以上お買い上げで1点配布。 「NewDays」「駅弁屋祭」「紀伊国屋」といったJR東日本グループ21社の一部店舗で、 2020年6月16日から順次行われます。

JR 東日本 × ス ノーピーク× 日本環境設計 コラボエコバッグがもらえるJRE MALL にて人気 の エコバッグ プレゼント キャンペーンを実施します

主な店舗をご紹介しておきますね。 今回、配布されるエコバッグはJR東日本、スノーピーク、日本環境設計が共同制作。 昨日JRエコバッグ貰えた!! Snow Peakってのが嬉しいね。

1
素材 ペットボトルから再生した生地を使用。 エコバッグは一定の金額の商品を購入した場合のみ配布されますので、商品を購入せずにもらうことはできませんので御注意くださいね。

【JR東日本】エコバック無料配布はいつまで?対象店舗はどこ?

・「JRE MALL」公式ホームページ エコバッグの仕様 ・素材:ペットボトルから再生した生地を使用しています。 関連記事 『』 『』 『』 『』 『』. ここでは千葉県の配布場所についての予想してみました。

20
スノーピークのテントや服飾品で使われている自然になじんだ色あいを用い、環境意識の向上を啓発している。

JR東日本×スノーピーク×日本環境設計コラボエコバッグJRE MALLにてプレゼントキャンペーンを実施します|日本環境設計株式会社のプレスリリース

この記事の目次• 「NewDays」や「駅弁屋祭」などで店舗ごとに設定された一定金額を購入すれば、エコバックがもらえる。

16
NewDaysで配布されるとのことですので千葉にある店舗の一部を掲載しておきますね。 ちなみにNewDaysでは対象店舗をWebサイトで公開しており、次回の配布は6月23日からを予定している。

JR東日本の無料エコバックはどこでもらえる?配布店舗や条件も調査!

2020年7月1日から、全国でがスタート。

11
アウトドアブランドのスノーピークは、近頃のキャンプブームによってファンが増えていますし、争奪戦になりそうな予感~! 【いつ・どこでもらえるの?】 レジ袋削減への理解促進を目的に行われる、エコバッグの配布。

JR東日本の無料エコバックはどこでもらえる?配布店舗や条件も調査!

自分用メモ。 スノーピークは「アウトドアやキャンプ関連の製品を長年手掛けており、自然や環境への思いがある。 引用元 JR東日本ニュース 色は使いやすいナチュラルカラーで、蜂のマークのロゴがとってもかわいいですね! ネズタン JR東日本の無料スノーピークエコバックがもらえる場所は?配布店舗まとめ スノーピークのエコバッグが配布される場所は、 NewDays、駅弁屋祭、紀ノ國屋など、利用者にプラスチックレジ袋を提供する、JR 東日本グループ21社の一部店舗。

11
一部店舗のみの配布となり、実施店舗はポスターやデジタルサイネージ等で掲示される。 3社共同による企画・制作で実現したエコバッグはペットボトルを原料にリサイクル素材でつくられているほか、デザインはスノーピークが監修したキャンペーン限定のアイテムです。

JR東日本の無料エコバックはどこでもらえる?配布店舗や条件も調査!

JR東日本は、駅構内の駅ナカや駅ビルなどにある同グループ会社が運営する一部店舗等にて、2020年6月16日(火)からエコバッグ50万枚を無料配布することを発表した。 試しにいろいろ入れてみようとチャレンジしたところ、大根1本、豆腐1パック、ミニトマト1パック、3パック納豆2つ、缶詰3個を入れることができた。

13

JR東日本が無料配布しているエコバッグに、いろいろ詰めてみた シウマイ弁当は水平に収まらず

「JR東日本グループ」が運営するコンビニエンスストア 「NewDays」や 「駅弁屋祭」といったプラスチックレジ袋を提供する21社の一部店舗にて、 6月16日よりエコバッグ50万個を無料配布する。

4
日本環境設計が展開する再生素材を使った洋服の販売などを行うブランド「BRING」とスノーピークの ダブルネームとなっているため、ロゴが仲良く並んでいるところが特徴。