トップランナー 制度。 機器製造事業者等

トップランナー方式

基準に達しないと、ペナルティーとして社名等を公表、罰金を科される。 その他のモーター周辺機器についても同様に実施されることをおすすめします。 ポンプや送風機などの負荷で、標準モータを高効率モータに置き換えた場合、この回転速度が速くなることにより、モータの出力が増加します。

16
ただし、これは通称で、正式な名称は、「住宅事業建築主の判断の基準」です。

【ホームズ】トップランナー制度とは?2020年に向けて全ての新築住宅を対象に省エネ適合基準義務化

• 特定機器の対象範囲 モータで消費される電力は、我が国の全消費電力量の約55%、産業用モータによる消費電力量は、産業部門の消費電力量の75%を占めると推定されます。 1.トップランナー制度 1 トップランナー制度のあらまし 省エネを図る上で、事業者および個人がエネルギー消費機器の使い方を工夫することが重要ですが、そもそも、そのエネルギー消費機器の効率がよいことが必要です。

16
図3 トップランナー制度対象機器等 出典:資源エネルギー庁資料より作成 2)評価 トップランナー制度は事業者等の義務なので、省エネルギーは、消費者が機器等の買い替えを行なうだけで進行します。

LED照明器具も「省エネ基準」の対象に~先進技術にも対応するトップランナー制度|スペシャルコンテンツ|資源エネルギー庁

フリーダムには「家づくり」に関するがございます。 ただし、モータとモータで駆動される機器をセットで購入される場合はよいのですが、モータ単体でリプレースする場合は、モータ周辺機器との干渉やコントロールユニットの容量不足などが生じることもあるので事前の確認が必要です。 テレビや冷蔵庫などの家電や調理機器は対象とならず、太陽光発電設備を設けると、一次エネルギー消費量の算定で考慮されます。

11
今回のトップランナーモーターの効率基準値は、基本的には、モーターのエネルギー消費効率のクラス(IEコード)を規定したJIS C4034-30(IEC60034-30)のプレミアム効率クラス(IE3)と同じです。 - 一般財団法人省エネルギーセンター• 一方で、2020年に明確に製造・輸入・輸出が禁止されることが決まっているのが水銀含有量の多い照明である。

住宅トップランナー制度

その後の審議を経て、2013年 平成25年 1月28日に以下の目標基準値・目標年度を含む基準が策定されました。 一次エネルギーとは石油や石炭、天然ガス、水力といった自然から得られる変換加工の不要なもので、家庭で使う電気やガスを作り出すのに必要なエネルギーのことをいいます。 4%といわれています。

11
加えて、2013年には、断熱効果のある建築材料を対象とした「建材トップランナー制度」も施行されました。 その省エネ政策の中心をになってきたのが、「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」、いわゆる「省エネ法」です。

三相誘導電動機のトップランナー制度について:モータ:日立産機システム

3 財団法人 エネルギー総合工学研究所、平成21年度省エネルギー設備導入促進指導事業(エネルギー消費機器実態等調査事業)報告書、p. 住宅に関わる機器もトップランナー制度の対象です トップランナー制度のメリットとは トップランナー制度とされる前には、「平均基準値方式」がエネルギー消費効率の基準値の決め方に採用されていました。

基準値を策定した時点において、最も高い効率の機器等の値を超えることを目標とした最高基準値方式になっており、1998年に改正された「エネルギーの使用の合理化等に関する法律()」の中で、民生・運輸部門の省エネ施策として採用されました。 1997年に開催された「COP3 コップスリー:気候変動枠組条約第3回締約国会議 」で京都議定書が採択されたのを機にトップランナー制度が採用されました。

トップランナー制度について|省エネルギーについて|資源エネルギー庁

省エネ効果(50Hz,4極,7. 2015年現在、我が国においては機器等の技術進歩は大きく、消費者の機能向上への関心も高いことから、省エネ型製品への移行は着実に進んでいると言えます。 住宅建設にかかわるものでは、家庭の冷暖房設備や給湯・換気・照明などの各設備です。

2
今回、白熱電球が加えられたのはなぜでしょうか。 基準値は、その時点で市場で最も効率が優れた製品、すなわち「トップランナー」の効率をベースとして、今後の技術開発による効率向上分を加えて基準値としています。

三相誘導電動機のトップランナー制度について:モータ:日立産機システム

省エネ基準となるのは、現在商品化されているそれぞれの製品の中で、もっともエネルギー消費効率に優れているもの、つまり「トップランナー」をベースにした数値です。

このような背景もあることから住宅の省エネルギー化に焦点が当てられ、住宅トップランナー制度ができた要因となっています。 このため、図7のように、配線用遮断器や電磁接触器をワンサイズ上げる必要が出てくることもあります。

トップランナー制度|用語集|新電力ネット

などしてくださる()。 また、今回の官民対話では蛍光灯についての言及はなかったとされ、省エネトップランナー制度で蛍光灯が加えられるかどうかについてはまだ分かっていない。

我が国において大量に使用されていること。 エネルギー多消費機器のうち省エネ法で指定する特定機器の省エネルギー基準を、各々の機器において、基準設定時に商品化されている製品のうち「最も省エネ性能が優れている機器(トップランナー)」の性能以上に設定する制度。