仙台 気球。 仙台上空に飛来した巨大気球と特異地点「R」の謎/並木伸一郎・フォーティアンFILE|ムーPLUS

仙台上空の白い気球の大きさは50m以上か 専門家が三角関数で推定

ただ、気象庁ではこの観測用気球(ラジオゾンデ)を10年前から行なっていないとのこと。 観測用の気球にしては動かな過ぎですね。 5179度であることを考慮すると上記の動画のカットから球体部分の視直形は0. だが、ラジオゾンデ説は、仙台管区気象台が「気象観測のためのバルーンは飛ばしていない」と公表し、次いで国土交通省仙台空港事務所も「航空法にもとづく届出は、どこからも出ていない」と否定している。

18
アドバルーンかも知れず、新種のドローン実験、風船爆弾、偵察気球かも知れず、落下や爆弾のリスクがあるなら警察など公的機関が回収すべき。

【画像あり】仙台上空に現れた気球は結局は何だったのですか? 気球の

破裂時の直径は60フィート(約18. ちょうど一か月前の6月17日(水)宮城県を中心に目撃された「謎の気球」騒動がありました。

太白区の主婦河野尚枝さん(70)は「動かない様子だったので不思議に思った。 仙台上空の気球はラジオゾンデの形状に一番近いですし、気温が気圧を測定している最中だと推測されます。

謎の浮遊体に仙台騒然、関係機関も正体分からず 「気球にドローン」専門家指摘も

現時点では気象観測用の気球ではないかとの見方が有力のようです。 雲一つない青空でした。

13
この物体はかなり上空にあるので、遠目では白い何かが浮かんでる…くらいにしか見えません。

福島県・宮城県仙台に浮かぶ白い物体は何?UFOではなく観測用気球(ラジオゾンデ)?|Asiversal

仙台市天文台も「気球のようなもの」っていってるし、 観測用の気球であるというのが常識的な回答だろう。 白い飛行物体の高度を 10-20km と仮定すると、動画の撮影地点から白い飛行物体までの距離は10-20km以上となり、球体部分の直径は(10-20km x tan 0. ざっくりと計算したものなので、勘違いをしていて間違っているかもしれませんが。 。

20
。 ・当初は人工衛星と思った その写真を撮影したのは、岩手県在住のTwitterユーザー源さん。

仙台上空に突然出現したUFOの鮮明画像とその正体とは!?

しかし、通常は十字のラジオアンテナが取り付けられたラジオゾンデはないらしく、完璧な一致とはなっていません。 しかし、謎の球体は1万メートル以上に上昇したとも言われており、これでは説明が付きません。

9
どう見ても人工物であり、気球的なものが紐、綱で十字架型の人工物を吊り下げている。 とあります。

仙台上空の白い気球の大きさは50m以上か 専門家が三角関数で推定

今回確認された未確認飛行物体の正体は、現在ではラジオゾンデが有力です。 2020年6月17日閲覧。 気象観測で使われる白いゴム気球の、大きさと運搬重量から考えてみた。

8
8時30分頃 - 、で目撃された。 8立方m (高度20000mで4倍まで膨らむ場合を想定)。

宮城の空の白い物体(球体)の正体はなに?気球?UFO?1時間以上動かない…

しかし、何処から飛ばしたのかは不明で、バルーンの中に何が入っているのかも分からない。 したがって、何かの測量機であることは間違いなさそうですが、誰が打ち上げたかについては未だ不明瞭。

7時間以上かかって60キロですから、時速10キロ以下、秒速にすると約3メートルと実際の風速よりかなり動きが遅い。 Sponsored Link 白い物体 未確認物体 の正体は観測用気球 ラジオゾンデ ? この白い物体の正体については、ラジオゾンデという観測用気球の類の可能性が高いとされているとの情報があります。

仙台上空の白い未確認飛行物体の気球 特注の大きさで実験用?軍事用? 市販の普及品は直径10数m

らしいですね。

11
。 アメリカは歴史上はじめての本土空爆の危機にさらされていることになります」と指摘している。

白い飛行物体が出現 「気球?」正体は謎―仙台上空:時事ドットコム

実際にこれを作っている(株)気球製作所の方に話を伺ってみると 「ノンリフトバルーンはビニール製(ポリエチレンフィルム)のために伸縮することができず、高さ3000mくらいで必ず破裂してしまいます。

16
。 充てんされているヘリウムの重量は容積次第。