公共 工事 コロナ。 公共工事一時中止 ~ 日本経済を殺すのか

新型コロナウイルス感染症に係る建設管理部発注工事等の対応について | 建設部建設政策局建設管理課

建設業界は色々な職種が集まっています。 前述の国土交通省の民間建設工事標準請負契約約款(甲)28条においても、契約書上出来高払いの取決めがあることを前提とする規定があります。

19
新型コロナの感染拡大の抑制、新型コロナで所得や売り上げの減少という影響を受けている個人や事業者への支援が優先されるため、対策の財源となる2020年度補正予算案には公共事業費は盛り込まれない見通しだ。 数カ月程度の延期が一般的とはいえ、受注を見込んでいた企業には一定の影響が出る。

西松建設「工事中止」で波紋、新型コロナ緊急事態宣言で異例の決断

自社又は協力会社の資金繰り等経営に影響が出ていないか。 当面、府内外の建設企業の営業継続状況や建設資機材の供給状況等を踏まえ、通年維持工事や災害復旧工事、府民生活に影響が大きい工事等を優先し、入札手続等の工夫、工期設定の柔軟な対応等を講じることにより、発注を行います。

17
取引先等外部業者への対策周知• 国の政策だけではなく、そこで働く個人意識の高め方も考えていくべき問題です。

建設現場で求められる新型コロナ対策

国と自治体で考えが異なる部分がありますので、自治体が独自の判断をしてくる可能性は否定できません。 参考となりうる裁判例 この点に関しては、天災などの自然的条件のほか予期できない品不足などの経済現象の異常な変化があり代替策を採ることができなかった場合等の不可抗力についても契約上工期延長を求める正当な理由にあたると判断した裁判例も参考になります(東京地裁平成28年4月7日判決・判例秘書L07131032)。

14
一方、庁舎など公共施設の計画段階では、市民参加を得てワークショップ形式で検討会合を開くケースが増えている。

日刊建設工業新聞 » 新型コロナウイルス/東京都、工事予算執行に黄信号/優先度で発注案件選別

下請の確保等に影響が出ていないか。 都内区市町村の中には都に足並みをそろえ、発注公告の公表を当面中止していた自治体も多い。 休業補償でつなぎ止める手段もあるが、費用が莫大(ばくだい)になるのが難点。

3密対策• B 熊本市は5月、市役所本庁舎の建て替えや市電の延伸などの大型事業を一時中断する方針を固めた。

建設現場で求められる新型コロナ対策

「合理的な算定が困難」として通期予想の開示を見送った社や新型コロナの影響を織り込まない形で公表したケースもある。

エンドユーザーである個人は、不動産という大きな支出を積極的に動かさなくなるかもしれません。

日刊建設工業新聞 » 新型コロナウイルス/東京都、工事予算執行に黄信号/優先度で発注案件選別

国の判断の中に建設業界の自粛は含まれませんでしたが、自粛要請に含まれない多くの労働者が動く限り、感染拡大のリスクは膨らみます。

20
この考え方によれば、新型コロナウイルス感染症による工事の完成不能が不可抗力にあたる場合にも、発注者は、すでに完成している部分に対応する請負代金を支払う義務があるといえる場合があることになります。 (実際に熱中症対策としてマスクの代わりにフェイスシールドを着用している現場もあるようです) 工事費に占める諸経費は決まっているためその範囲内でということになりますが、できる限りの環境づくりに取り組んでいく必要があります。

日刊建設工業新聞 » 新型コロナウイルス/東京都、工事予算執行に黄信号/優先度で発注案件選別

その他• 前掲の国土交通省の民間建設工事標準請負契約約款(甲)33条1項は、発注者の解除権に関して民法641条とほぼ同内容の規定となっています。 そのため、十分な検討が必要となります。 また、新型コロナウイルス感染症の罹患や、学校の臨時休業などの感染拡大防止措置に伴って技術者等が確保できない場合のほか、これらにより資機材等が調達できないなどの事情で現場の施工を継続することが困難となった場合には、受注者が発注者に対して工事の中止や工期の延長を申し出る場合が考えられます。

20
「施工中の現場について、発注者と協議のうえ、工事中止・現場閉所することを基本方針とする」と表明した。 国土交通省の通知 2-2(2)で紹介した地方公共団体宛ての国土交通省の通知 においては、そのような事態については「特段の事情がない限り受注者の責によらない事由によるものとして取り扱われるべきものと解され」ること、また公共工事の請負契約においては、 20条1項の規定に鑑み、新型コロナウイルス感染症の罹患に伴う影響で、現場の施工を継続することが困難と認められる事業がある場合においては、「発注者において、的確に工事の一時中止を指示する」こと、またこれらの場合「必要に応じ、工期の見直しも含め、施工期間等の適正化に努める」ことを要請(お願い)しています。

西松建設「工事中止」で波紋、新型コロナ緊急事態宣言で異例の決断

公共と民間、土木と建築の別なく、全ての工事を対象とする。

12
この点について、 で紹介した国土交通省の では、不可抗力により建築中の建築物(出来形部分)に損害が生じた場合などには、「発注者及び受注者が協議して 重大なものと認め、かつ、受注者が善良な管理者としての注意をしたと認められるものは、 発注者がこれを負担する」と規定しています(太字、下線は筆者による)。

コロナ禍でも工事を継続 道内地場ゼネコン

五 契約期間内に予期することのできない法令の制定若しくは改廃又は経済事情の激変等によって、請負代金額が明らかに適当でないと認められるとき。

6
新型コロナウィルスの感染が落ち着いたとしても、五輪延期を含めた二次的な不況を民間工事は受ける可能性が考えらえます。